退職届を上司に持って行ったときに言われる可能性のあること

僕は新卒で入った会社を7年間務めたのですが、
順風満帆で何事もなかったわけではなくて、
やなこと、つらいことを経験する中で何度も
辞めたいと思う時期がありました。

ほとんどの場合は思いとどまることができたのですが、
29歳くらいの時期は本当にやるようかどうか迷ってしまい、
ついに退職話を上司に切り出したことさえあります。

退職を切り出すときの一般的な方法としては、
まず、上司が暇そうにしている時に退職したい旨を伝えるということだと思います。

僕の場合、上司がたばこを吸う人だったので、
上司のたばこ休憩の時に切り出しました。

そのあとも直属の上司による説得面接、そのあとさらに上の上司の説得と段階的に説得を受けていくという形でした。

その中で、上司に言われたこと、
言われてしまったことで、考えが少し変化してしまった言葉などを今回は書きたいと思います。

これから、退職願いを出そうと思っている人も、
出す前にもう一度、ここに書いてあるようなことを面と向かって言われてしまっても
答えられるほどの対策をしておけば大丈夫だと思います。

よほど使えない人以外は、基本的に退職を考え直すように言われると思います。
これは、部下が辞めてしまったは上司の査定にも影響が出るということは言うまでもありません。

「これで食べていく」と「ちょっと試してみる」では違う。

説得面接の中では当然、なぜ辞めたいのかという説明にはじまり、
辞めたあとはどうするのかと質問されることになると思います。

僕の場合は素直に商売を始めて、だんだんと大きくしていきたい。
といいました。

この時に上司が言ったのがこの一言です。

・今は円高だが、円安になったらどうする?
・ノウハウはあるの?いきなり素人がはじめるなんて無理じゃないの?
 知り合いの○×はコーヒーの輸入で△○■。。。

でもいろいろ言われた中で一番ドキッとしたのが、

・「これで食べていく」と「ちょっと試してみる」では違う。

という言葉でした。
先ほどの円高もそうなのですが、
サラリーマンとは異なり自分で商売するということは変化する環境にも適していく必要があります。
また、一時的に稼げればいいというものではなくて、
これから先ずっと、一時も休むことなくビジネスを維持していかなければなりません。

ビジネスははじめるのよりも維持する方のが難しい

僕は20代前半の時に、個人で広告配信のビジネスをやっており、
これは結構成功しましてそれなりの収入になっていたことがありました。

しかし、成功したとはいっても一時的なもの。
収入は月ごとに大幅に変化しますし、2ヶ月とか連続で収入が下がった時などは
とても心配でした。

しかし、当時は実家で暮らしていたし、
生活のためのお金も両親が出してくれている状態。
例えこのビジネスの収入がなくても生活に困る心配はありませんでした。

残念ながら月を追うごとに収入は減っていき、
そのうち固定で必要な費用の方が売り上げを上回るようになってしまったことから、
ビジネスを閉じたという経験があります。

このときに僕は、
ビジネスは始めるのが簡単だけど、それを維持していくこと、
更に利益を出し続けるということは本当に大変なことだということを知りました。

前置きが長くなりましたが、
このときの教訓と今回課長に言われた一言がちょうと一致してしまいまして、
この言葉に対する明確な答えが用意できなかったのです。

したがって、僕はこのときに退職の意思を
思いとどまることとなってしまいました。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA