収入を増やす

経済的自由人になるのに資産はどのくらい必要?

更新日:

経済的自由人の資産

 

経済的自由を達成するために必要な要件を収入という観点から書いた記事に続いて、
今度は資産の観点から経済的自由について考えていきたいと思います。

関連記事
経済的自由人の収入はどのくらい必要か
どうやって経済的自由人になる?どれくらいの収入があればよいか?

続きを見る

 

でもたとえ収入がたくさんあったとしても資産がなかったら本当に経済的自由といえるのか?

・・・という疑問もあると思います。

そこで今回は経済的自由を達成する上で資産の側面から考えた場合について書きたいと思います。

 

セミリタイアに資産は必要か?

 

経済的自由を達成するのに収入が必要と考えていますが、
それでは収入さえあれば資産がなくてもいいのでしょうか・・・

 

もちろん、収入だけではなくて資産もあった方がいいです。

 

でもたとえ資産がなくても、生活できるだけの収入あるという状態になっているのであれば、とりあえず経済的には成功しているといえるのではないかと思います。

 

必ずしも資産は必要ないと考えます

 

でも、普通は資産がないけど収入があるというのはまれなことであり、セミリタイアした人の多くは不動産や株式などに投資することで収入を得ているのが現実です。

 

なので、資産はないのに収入だけがあるというのは、例えばブログを運営している人とかの場合に限られるのではないかと思います。

 

収入はないけど資産はあるという場合はどうか?

 

収入がなくて資産しかないのはつらいと思います。

 

収入がなくて資産がある状態だけだと、日々の生活の中で資産が目減りしていく状態になります。

 

常になくなってしまうという恐怖を感じながら生活することになるので、精神衛生上よくないと思うのです。

 

また、減らしたくないという思いから、積極的な投資ができなくなってしまうことも考えられます。

 

資産の位置づけとは?

 

みらい電卓を知っていますか?

 

僕はこれは最悪の場合に備えた考え方なのであって、
実際は資産は単に取り崩すためのものではなくて活用されるべきものだと考えています。

 

みらい電卓とは?

 

現在の貯金額と年間利回り、年数を入力すると毎月いくらまで使ってもいいかを計算してくれる計算機です。

 

みらい電卓で何年で無くなるかを計算したところ。

2000万円の資産で年利回り1%運用、毎月18万円の引き出しの場合9年9ヶ月もつ。

みらい電卓 何年でなくなる

 

いくら引き出せるかを計算したところ。

2000万円の資産で年利回り1%運用、30年間引き出しの場合毎月6.4万円使える。

みらい電卓 いくら引き出せる

 

http://www.nomura.co.jp/learn/simulation/seikatsu.html

 

資産だけでは安心してセミリタイアできない

 

僕は資産だけでは安心してセミリタイアできないと考えています。

それは、先がはっきり見えてしまうからです。

 

収入はがんばればもっと増やせるかもしれない可能性があります。

しかし資産に基づくセミリタイヤだといまのペースで生活を続けるとあと何か月・何年分というように限界がはっきの見えてしまうからです。

 

資産をベースにしたセミリタイヤ計画だと「あとどれくらい生きられる」から退職した瞬間に「あとどれくらいしか生きられない」に代わる」

 

ただし、一方で資産がまったくなくても収入さえあればいいかというとそうとは言えないとも思います。

 

ただし、貯金額はあくまでも収入源を作るまでの安定させるためのもので、やはり最終的にセミリタイヤしようとするならば貯金があるうちに収入源を作るべきだと思います。

 

資産は新たな収入源を作るための原資という考え方

 

資産は活用してこそ意味があるものだと思います。

 

単純に生活費として取り崩してしまうのではなく、投資を行ったり、新しい体験をするための費用として使ったり・・・

 

そういった活動を通じて新しい収入源を形成するための活動資金という位置づけが「資産」なのではないかと思います。

 

いったいいくら資産を持っていれば経済的自由になれるのか?

 

これについては様々なブログでも紹介されていますね。

 

多くのブログは会社を辞めたら二度と働かないことを前提としているように思います。(アーリーリタイア)

 

そういう考え方だと、退職時に残りの人生を生きられるだけの資産を持っていなければならなくなってしまうので、非常にハードルが高くなってしまいます。

 

退職のためのお金をため続けていたら定年になってしまったというパターンだけは避けたいところ。

 

そこで、人によって使う金額はまちまちではありますが、必要な貯金額をどう求めるかについて僕の考えを書きたいと思います。

 

「一か月の生活に必要な費用」×「次の収入源を作るまでに何か月かかるか」

 

人によってさまざまではあるのですが、僕は以下のように定義しました。

「一か月の生活に必要な費用」×「次の収入源を作るまでに何か月かかるか」

 

例えばブログでお金を稼げるようになりたいという場合、実際にブログを運営している人を参考として、自分が目標とする状態に到達するのにどのくらいの時間がかかったか参考にできると思います。

 

ブログの場合だと最初は数十円しか稼げないのですが、毎日更新していれば最終的には数十万円稼げるようになっているという場合があるようです。

 

したがって、最初の数十円の期間をやり過ごせるだけの資産があればいいということになりますよね。

 

ただし自分が同じだけ成功できる保証はないので、十分に余裕をみた資産額を算出しておくべきだと思います。

 

まとめ

  • 収入があって資産がないのはいいけど、収入がなくて資産だけあるというのはつらいと思う
  • 資産は生活費のために取り崩すという考え方ではなく、新たしい収入源を作るための原資と考える
  • どのくらい必要かは「一か月の生活に必要な費用」×「次の収入源を作るまでに何か月かかるか」で算出

 

-収入を増やす
-, , ,

Copyright© そろそろセミリタイアを目指しませんか? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.