会社員のうちに、会​社への依存度を下げて​いこう

たくさん勉強して、
いい大学に入って、
大きな会社に入る・・・

というのが誰もが目指すべき安定した人生だと教えられて
僕たちは過ごしてきました。

しかし、ご存じのように誰もが知っている大きな会社
でさえ簡単につぶれてしまうことを僕たちはさんざん見てきました。
会社がつぶれなくても、会社の維持するためにたくさんの人を
リストラする可能性だってあるわけです。

このような現実を見てしまいますと、会社に入ることってそもそも
自分の人生にとっていいことなのか?

あるいは会社に入ることはよいとしても、
その後の人生で会社とどう付き合っていくべきなのか?

ということを会社員である間ずっと考えてしまうと思います。
実際、会社員の半数の人は会社を辞めようか続けようか迷いながら
仕事を続けているといわれています。

この結果は、平均的な統計なので、若い人も間もなく定年を迎える人
も含まれているわけです。
社会人経験が短いからとか、未熟だからということはなくて、
会社員であり続ける限りずっとこのような悩みと向き合うことになるのです。

このように思うと、とても憂鬱な気持ちになってしまいますね。
だから僕は大きな会社に就職できたからもう安心とか、
現状維持でいいやというのはとてももったいないと思うのです。

冒頭で紹介した僕たちにうえつけられた教育には、
続きがあると僕は信じています。

それは、大きな会社に入ったあと、
その会社から給料をもらいながら、
お金を投資したりビジネスを立ち上げたりして、
少しずつでいいから会社からの収入に依存する度合いを下げていく・・・
ということを目標にしてほしいと考いうことです。

会社からの収入への依存度を下げることができれば、
自分の意思に反していやいや仕事をやる必要はなくなり、
本当に最悪の場合とか、不本意な仕事、転勤が命じられたときは会社に
抗議したり、場合によっては退職という判断も取れるようになると思います。

会社からの収入に対する依存の度合いを下げることができれば、
自分の意思で選択できる、
つまり自由人へ近づくことができるのです。

不本意なことが起きてからでは遅いのです。
早めに行動していかなげばならないと思います。

なにもこれは会社を裏切るわけではありません。
今の時代を生きる僕たちにとって当たり前のことなのだと思います。

そういうわけで、
僕は以下のように考えています。

勉強して、
大学に入って、
会社に入って、
自由人になるための準備を行う。

会社に入ることがゴールになってしまった、
次のゴールは定年とかでしょぅか?
それってあまりにも遠い未来すぎませんか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です