リスクが高いことは複数組み合わせることで、リスクを下げることが可能。

ローリスクローリターンとか、ハイリスクハイリターンと言われます。
これは、リスクの高いことをやるとお金の失うかもしれない
可能性が高いものの、成功した場合に得られるものが大きい
ということを表すわけです。
十分なお金を持っているならば、たとえば1億円とかあったならば、
それでリスクの低い債権を購入して年間100万円くらいの収入を
何の苦労もなしに得られます。
 
でも、実際、持っているお金にも限りがあるので、
リスクが高いことに挑戦していかなければならないのが実情でしょう
 
リスクが高いということはお金を失う可能性が高いということです。
自由人を目指して投資をしているのに、そのお金を失ってしまったのでは、
ふりだしに戻るだけ。
なので怖いからやらないという結論になってしまう。
 
しかし、このことには解決方法があります。
それは、投資する対象を分散するという考え方を持つということです。
株の格言で、「一つの籠にすべての卵を盛るな」という言葉がありますが、
このことはなにも株だけに通じているわけではないのです。
 
実はこれには現代ポートフォリオ理論と呼ばれる、学術的な裏付けがあります。
難しい理論なので興味のある人は自分で調べてもらいたいのですが、
簡単に説明すると以下のようにものです。
 
たとえば
A 利回りが10%で、リスクが10の投資
に全額投資し場合、当然、10%で、リスクが10。
 
ところが、Aに加えて、
B 利回りが8%で、リスクが10の投資
の2つに同額を投資した場合は、平均を計算して
9%で、リスクが10となりそうですが、
実際には、利回りは9%で変わららず、
リスクは10ではなく、より低い値になる。
 
これは、株式投資の場合の例なのですが、さまざまなものにも同じような
ことがいえると思います。
 
リスクが高いことは、
なるべく少なくしてリスクの低い投資ばかりやりたくなってしまいますが
リスクの高いことを少しだけやることはかえってリスクを高くしてしまう
のであって、リスクが高いことにどんどん挑戦していかなければならない
といえるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です