買い物で節約

チマチマした節約に励んで、大きな買い物の時に散財してたらなんの意味もない

投稿日:

 

日々の生活費で家計簿付けて、必死で節約していても、家や自動車といった大きな買い物するときにド派手に使っていたのでは永久にお金はたまらないものです。

 

お金を貯める方法の基本は、節約すること

お金を貯めようと思ったら、2つの方法しありません。

 

一つは収入を増やすこと、もう一つは支出を減らすことです。

 

多くの人はサラリーマンとして働いているので、収入を増やすために給料を上げてもらう、つまり昇給をしなければなりません。

 

しかし、昇給は働く人が自由にできるものではなく、上司など他人の評価によって決まるものなので、たとえ自分が頑張っていても評価する人が認めてくれなかったら昇給はかないません。

 

他人の評価に基づく昇給に期待するのは非常にバカげていますし、上司に媚びを売ったり忖度したりと消耗の原因になってしまいます。

 

仮に評価を得られたとしても昇給額は微々たるもの・・・

 

となれば、もう一つの選択肢である支出を減らすことのほうが現実的であることが分かると思います。

 

得られる収入が少ないということであれば、まずは基本的な収入を上げるよう努めるべきですが、もしもあなたが平均的な収入を得ているという事であれば、年収を上げるよりも支出の見直しの方が現実的でしょう。

 

このようにお金を貯めようと思ったら、収入を増やすことよりも支出を削減する方のが現実的なのです。

 

節約した回数ではなく、いくら節約したかの金額が重要

買い物のたびに節約を心がけることはとても大切なことです。

 

しかし、通常は120円で売られている商品が特価で110円になっていて、10円節約できるとして一体なんの意味があるでしょうか?

 

朝から店頭に並んで、特価品を何個も買えたとして、一度の買い物でもせいぜい100円、200円の節約にしかなりません。

 

これを毎日続けたとして、1年間で数万円とかになっているかもしれませんね。

 

しかし、毎日節約を心がけたとしても、たかが数万円なのです。

 

毎日節約のことを考え100回節約した結果として10万円が残った場合と、あまり節約に関心がないけど大きな買い物の際に1回節約しただけで10万円残った場合とでは、後者の方が効果的なわけです。

 

節約を欠かさずにすることではなくて、大きな買い物で無駄にお金を失わないようにすることの方がよっぽど大切なことなのです。

 

小さな買い物でセコセコしているのに、大きな買い物で派手に使ってたらいつまでたっても貯まらない

このように毎日節約していたとしてたかが数万円レベル。

 

一方で、マイホームや自動車など、人生でそう多くはない大きな買い物をする機会がありますよね。

 

こういう時に、ちょっと節約を心がけるだけで数十万円とか場合によっては数百万円の節約になる可能性があるのです。

 

無駄に大きなお風呂にしたり、全室床暖房を入れたり・・・

こんなのはまさしく無駄以外の何物でもないのです。

 

たとえば床暖房は、最初だけでそのうち使わなくなる傾向があるそうです。

 

新築のころはガンガン使うのですが、光熱費の請求額に驚いてしまいその後使わなくなる傾向があるそうですよ。

 

見栄や子供のころの夢だったからという理由で使ってしまう~自動車、家~

子供の時からの夢だったといって大きな家やこだわりの部分をわざわざ高いお金を出して手に入れる人も多いと思います。

 

しかし、本当に大人になった今でもそれはかなえたい夢なのかよく考えてみましょう。

 

子供のときから嗜好が変化して、大人になった今ではそれほどほしくなくなっているかもしれません。

 

見栄で他の人と違うものを買ってしまう場合もあるかもしれませんが、自慢なのは最初だけです。

 

すぐに飽きてまた別の自慢ネタが欲しくなるのがオチなのです。

 

だったら最初からこういう思考回路は断ち切っておくべきだと思います。

 

無知であることによる恐れで出て行ってしまう支出~保険~

人は自分の知らないことは、あえて知りたくないものです。

 

それが難しいことであればなおさら・・・

 

たとえば家の買い方について書かれた本を1冊読むだけでも何か得られるかもしれないのに、お金が無駄だとか、時間がないとか、面倒といった理由でそれをしないのです。

 

そんなものにお金を使うくらいなら、その本の代金分をしっかり貯めて、家を購入するための費用にしたいといったかんじでしょうか。

 

家の場合はローンで購入する場合もあるかもしれませんが、どのくらいの費用が掛かるかは建築時に確認することができます。

 

しかし、毎月の支払の場合、支払い期間が長ければ大金がかかるような買い物でさえも全部でいくらかかるかが分かりにくいので、つい契約してしまう可能性のある商品があります。

 

その代表的な例が保険です。

 

保険は毎月の支払こそ少額かもしれませんが、積もり積もっていくと結構な金額になるものです。

 

しかも、加入期間が長ければ長いほど、それまでの支払いが無駄になってしまうという感情が芽生えてしまい、無駄だと気付いたとしても辞めることもできなくなってしまいます。

 

何かを買う目的のための節約なら、目的のために散財するのは理解できる

このように多くの人は日々、こまごまとした節約に励んでいるのにも関わらず、その節約の苦労の末に得られたお金をいとも簡単に使ってしまうのです。

 

もちろん、そもそも節約に励んでいたのは何かを買うという目的があったためという人もいるでしよう。

 

そういう場合であればいいと思います。

 

でも、もしも家は人生で1度の買い物だからといって、悔いの残らないようにいいもの(=よりお金をかける)を買うという考え方をしているようなら、お金を使ってしまった事自体が悔やんでも悔やみきれない後悔につながってしまうかもしれないのです。

 

節約に励んで貯めた財産だからこそ、人生の内で何度かある大きな出費の時でもしっかり節約するべきなのです。

 

-買い物で節約

Copyright© そろそろセミリタイアを目指しませんか? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.