収入を増やす

誰にでもできる最も簡単な投資は自分の時間への投資!

更新日:

自分の時間への投資が一番効果が高い

 

資産運用と聞くと難しいことのように思えるかもしれませんが、
株や不動産などへの投資だけが投資ではありません。

今回は一般的な資産運用とは別に、
誰でも簡単にできる資産運用の方法について書きたいと思います。

株や不動産への投資だけが投資ではない

毎月会社から振り込まれる給料の一部を真面目に
貯め続けていれば自然と貯金はできます。

ある程度お金が銀行口座にたまってくると、
投資信託の案内などを銀行から受けることになるかもしれません。

せっかくたまったお金だし、
持っているだけではもったいないということで、
資産運用ということを意識はじめわけです。

しかし、残念ながら絶対儲かる保障なんてありません。
銀行もボランティアではないので、
何か彼らにとって利益的なメリットがあってこそ、
こういう勧誘をしているわけです。

しかし、投資をしたことのない人にとって投資はとても難しいことなので、
あまり十分に調べもせずに投資してしまうことになります。

よくわからないから他人に言われるがままに投資してしまう

例えば数百万円の自動車を買う場合、
普通は十分な時間をかけて検討すると思います。

しかし、投資のことになるとどうでしょうかは?

内容はよくわからないけど、銀行が進めているわけだし、
0になることはないだろうということで十分な時間もかけずに
安易に信用して購入してしまうわけです。

自分が何に投資していのかもさえよくわからないまま、
数百万円のお金を投資してしまうわけです。

これって冷静に考えればとてもおかしいことですよね。

自分のお金を他人に預けているということ自体がそもそも危険</h2

相手がどんなに信用できる人であっても、
本当に信用できる人はいないと思います。

どんなに信用できる人だとしても
絶対大丈夫ということはないということ。

例えば僕の例で言いますと、
仮想通貨をコインチェックという会社に預けていました。
しかし、コインチェックは1月末に起きたNEM通貨の盗難事件をきっかけに、
ビットコイン以外の売買を中止する事態に陥っています。

ビットコインはもちろん、
その他のコインも欠陥があるわけではないのです。

でも預けている取引所で何か問題が起こったら
損するのは一般投資家なんですよね。

よく通貨自体の欠陥ではないという人がいますが、
まったく慰めにもなりませんよね。

投資家にしてみたら、
取引所とか、仮想通貨とかはどうでもよくて、
自分のお金がどうなったのてかが一番の関心ごとなわけですから・・・

このように、一見安全そうに見えても失敗してしまう可能性がある以上、
自分の手に負えない、
誰かの手元にお金を預けてしまうという行為自体が危険なことのように思えます。

この考え方が極まるとタンス預金になってしまうのかもしれません。

確実な投資は自分への投資

はい。

というわけでもうお分かりかもしれませんが、
最も安全な投資対象とはつまり、
自分が扱える範囲にお金を置いとくということだと思います。

そして、その中でも一番確実なのは、
自分への投資ですね。

そう言われると資格取得とかになってしまいそうですが、
セミリタイアを目指すのであれば、
会社に要求されている資格を取るというよりも、
趣味に生かせるような知識が身につくものや、
語学がいいと思います。

ユダヤ人の話でありますが、

人が生きている限り、奪うことができないものがある。それは知識である。

というのがあります。

簡単なのは自分の時間への投資

でも実は最も簡単で、
誰にでもできる投資は、
自分の時間に対する投資だと思います。

つまりセミリタイアしてしまうということなのです。

なぜ会社に勤めるのかというと、
多くの人はお金を得るためだと思います。

でも、セミリタイアできるだけのお金があるのならば、
一体何のために勤める必要があるのでしょうか?

つまり、資産を使うことで会社に勤めずして
会社に勤めている時と同じ生活を続けることができるわけです。

もし5年間働いてもらえるだけの資産を今持っているならば、
これから先5年間の労働をする必要がないといえるのです。

これはつまり資産で自分の時間を買ったことになります。

 

-収入を増やす
-,

Copyright© そろそろセミリタイアを目指しませんか? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.