仮想通貨に投資するかしないかで今後の人生が変わる

このブログでもお伝えしているように、
僕は仮想通貨の未来は明るいと考えています。

IMGP1397[1]

ビットコインやイーサリアムなど、
ここ最近急激に上がってしまったので
今はバブルで、今後大きな落ち込みがあると考える人もいると思います。

でも、いまはまだ成長期の段階でこれからもっと使われる
なるし、資産としての価値もますます上がると予測する人もいます。

こちらの記事でも取り上げた通り、
将来性についても様々な意見が飛び交っています。

正直、未来のことは誰にも分りません。

しかし、どういう未来を迎えようとも、
少しでも可能性のあるものに投資する方が
楽しいのではないでしょうか?

僕の場合はそんな軽い気持ちで
この流れに乗っていこうと考えています。

仮想通貨には高いとか安いとかの判断材料がない

仮想通貨は、資産価値の裏付けがありません。
株式の場合だと、株価収益率(PER)、株価純資産倍率(PBR)
といった指標があって、買われすぎとか売られすぎといった
ファンダメンタルの判断ができます。

外国為替にしてもその国の経済力などの指標
から判断することができるでしょう。

一方、ビットコインをはじめとした仮想通貨は、
国などの発行元がないため、
価値の裏付けがないためいくらが適切なのかがわかりません。

今日、ビットコインの値段が32万円、イーサリアムが3.2万円くらいの値を付けていますが、
これが高いのか安いのかがさっぱり分からないのです。

去年の今頃はビットコインも5万円とかだったので、
その時に比べたら高くなったといえますが、
本当に高いのかは誰にも分からないんです。

何かと何かを比較して高い安いを言えるだけで、
絶対的な基準がないわけです。

この流れに乗るか乗らないかで、今後の人生は変わると思う

価値の裏付けがないなんて、
とても怖いと感じるかと思います。

でも、あなたが怖いと感じるということは、
たくさんの人が怖いと感じていることを意味します。

なので、こういう人はまだまだ投資しようとはしません。

ここに、仮想通貨がまだまだ伸びる可能性があるといえる根拠
があるように思います。

みんなが安全とか、間違いないといっているものの
方がむしろ危険なんです。

株投資の世界には「人の行く裏に道あり 花の山」ということわざがあるのですが、
これは仮想通貨にも言えることなのです。

相場の世界では人と同じ事をしていては、儲けることは出来ない。大きく売り込まれて総悲観になって誰もが買いたくないときに安く仕入れ、地合が良くなりドンドン株価が上がってまだまだ騰がると総楽観になって誰もが保有株を手放したくないときに売ると、投資は成功するという経験則に基づいた格言。
引用:http://auctionlecture.client.jp/stockword/k_001.html

全財産を投資するならば足がすくんでしまうかもしれませんが、
余裕資金の部分を投資してみる。

なくなっても生活に困らないし、
増えたら少しうれしい程度で考えてみるだけでもいいと思います。

10年、20年が立った時に、
あの時になぜ投資しなかったんだろうと後悔してしまう前に、
少しずつでもはじめた方がいいと思います。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA