働き方 生き方

定年が曖昧になりつつあるからこそ、積極的にサバティカルを取っていこう

更新日:

突然ですが、「サバティカル」って知ってますか?

スポンサーリンク
[adsense-top]

サバティカルとは何か?

最近、IT起業などを中心として、日本の企業にも導入されつつある制度のことで、
会社員などの身分が保証さつれた状態で、数か月の休暇をとることが可能というものです。

ただし、有給休暇とは異なり、休暇の間は給料が出ない場合も多いようです。

一般的な企業では、数か月の休暇は取れないのがふつうだと思いますので、会社を辞めて、次の会社に転職する間にしか経験ができないような長期の休みを、会社員という身分を保証されながら得ることができるので、長期の旅行とか、勉強などをすることも可能でしょう。

この制度はまだまだ一部の企業のみにしか導入されていないのが現状です。

サバティカルがなぜ必要なのか?

ところで、先日テレビを見ていたら、
ある番組にマイク眞木さんが出演していました。

彼は47歳の時に家族で6年間アメリカに移住したらしいのですが、
移住した理由についてこのように語っていました。

僕たちみたいな仕事(歌手)をしていると、決まった定年というものがない。
したがって、人生の中で強制的に、そういう期間を設ける必要がある。

マイク眞木さんといえば、有名な歌手です。
一方、僕たちは多くの場合、普通の人なのでこんなことはできないと考えがちだと思います。

しかし、今定年を65歳にまで伸ばす企業も出始めています。
そうでなくても、僕の会社に多いのですが、
定年後は子会社の派遣会社に登録して、
結局65歳まで働いている人も多いですよね。

今でさえこのような状況なのだから、
僕達が引退するころにはもっと定年が伸びているだろうし、
もしかするともう定年という制度さえなくなっているかもしれない。

あるいは、可能性としては低いものの定年まで寿命が持たないかもしれない。

定年間際の人みたいに、退職後はあんなことしたりこんなことしたりということがなくなるのではないでしょうか?

人間はロボットではないのだから、
同じことをし続けていたら飽きてしまうものです。

しかし、「定年」の伸びてしまう世界では、
自然と定年の日がくるの受身的に待っていたのではいつになっても自由は得られないのではないでしょうか?

だからこそ、先のマイク眞木さんの言葉は身に染みるのてせはないでしょうか?

僕たちも定期的にサバティカルを持つべきだとおもいます。

サバティカルのメリット

サバティカルのような長期休暇を得ることの最大のメリットについて考えてみたいとおもいます。

労働者側にとってのメリット

まず僕たちにとって最大のメリットは、時間がかかるようなやりたいことに専念できるということではないでしょうか。

たとえ仕事が嫌いではないとしても、人生の中では仕事よりも優先したいことが出てくるときもあるのではないでしょうか?

例えば以下のような場合です。

  • 子供が生まれたら1年間くらいは育児に専念したい
  • 英吾が学びたければ、英会話教室ではなく、実際にその文化に触れたい

やはり、会社に属しているときには経験できないことが経験できると思うのです。

会社員だけで過ごしてしまうのはとてももったいないですよね。

会社側にとってのメリット

実はサバティカルは会社側にとってもメリットがあるとおもいます。

会社を自己都合で辞めてしまう人の一部には、やりたいことをやるための時間を確保できないからというのもあるとおもいます。

もしもサバティカルという時間を設ければ、退職せずにこの期間でやってみようという人も出てくると思うので、人材を流出させるのを防ぐことができるのです。

サバティカルのデメリット

逆にデメリットとしては、長期間の休みをとるこで仕事への復帰が難しくなってしまうというのがあります。

やはりなんだかんだ言って毎日きまった時間に会社に行って、会社で働くというパターンを休みなく繰り返せるというのはそれだけですごいことなのだとおもいます。

一旦、その生活パータンから離脱してしまうと、戻るのは容易ではないかもしれません。

どうしたらサバティカルができるのか?

はい。

ここからが重要な話ですね。

作業でサバティカルという仕組みが導入されたといってもまだまだごく一部の会社に限った話です。

例え制度が導入されたとしても実際その権利を行使するというのはなかなかハードルが高いのではないでしょうか?

実際、男性の育休を取っている人はどの程度いますか?

僕の勤めている会社は、社員が1300人程度の中堅メーカーなのですが、制度開始から1年以上たってやっと1人ですよ!

それくらいハードルが高いことだとおもいます。

では、そういう制度がない会社に勤めている人はどうしたらいいのでしょうか?

制度が導入される日をただ待つ…?

いえいえ。

そんなことをしていたらどんどん歳をとって、せっかくのサバティカルを病院で過ごす羽目になってしまうかもしれません。

サバティカルは若いときにとった方が価値が高いとおもいます。

自分の意志で積極的にサバティカルを取るためには、経済的自由を達成することが重要です。

つまり、会社からの給料に頼らない収入源を作ってしまうということです。

そうすることで、僕たちは初めてサバティカルという自由を手に入れることができるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-働き方, 生き方

Copyright© そろそろセミリタイアを目指しませんか? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.