不動産投資

不動産投資は今やるべきではない!

更新日:

 

不動産投資でかなりの投資をされている方とお話する機会があったため、
いくつかの質問をしてみました。

 

参考になった部分があっので、公開したいと思います。

 

他の投資と異なるところは?

 

僕も株やらFXやらさまざまなものに挑戦してきたのですが、
これらの投資と不動産投資が大きく異なる点として、以下を上げています。

 

不動産投資は事業や株・FXのように1年で10倍、100倍になることはなく
そのかわり銀行が貸し出しをするくらいに収益は底堅く、
大失敗はしにくいけれど、大儲けもしない地味な投資です。

不動産を使うと1000万円を2000万円にするのも、
10億円を20億円にするのもあまり難易度が変わらないのですが
一方で100万円を200万円にするのにも10年かかったりしますし、
むしろ100万円ではまともな物件に投資することが難しいなど、
資金力があるほどあからさまに有利なところも多いです。

以下ような利点があります。
・投資中のインカム(家賃収入)が安定している。
・銀行が長期融資をつけてくれる。
・融資を使うと、返済中の利益は「元金返済=物件が自分のものになる」という形で入るため
資産は増えるけれど手元の現金はあまり増えない。
・銀行返済さえしていれば途中でのロスカットや追証などがない。
・市場取引ではなく相対取引なので流動性が低く、また価格が不透明。

 

コミュ障な人は?

 

また、僕が不安と思っていた、コミュニケーションの必要性について
聞いてみたところ、

 

ブローカーのように売買をするとなると
お酒を飲んで人間関係を作って…という泥臭いコミュニケーション能力がいりますが
エンドの大家さんとして貸している分には発注者側になりますので、
自主管理をしなければ日頃の運営という面ではあまりストレスはないと思います。

 

とのことでした。

 

ローンを組むことに関しては、やはり大企業であること、そもそも頭金として出せる金額が多いことなどは有利になるとりことです。

 

今はじめ時か?

 

最後に今、はじめ時かということを聞いたのですが、都心のマンションではほぼバブル状態になりつつあるとのことでした。

 

仮にこのバブルがはじけた場合、都心のマンションが暴落することに加えて、
その周辺の都市にも波及することになりそうです。

 

したがって、今とるべき戦略としては、お金をためて、次の暴落で購入できるように準備しておくことだそうです。

 

ただ、暴落した時はそもはそれで怖いと思いますので、今できることはとにかく小さな物件(練習用という位置づけ)を購入して、不動産取引への耐性をつけておくことだと思います。

 

 

-不動産投資

Copyright© そろそろセミリタイアを目指しませんか? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.