書籍・ブログ

セミリタイアを目指す人の必読書「副業はサラリーマン」の読んだ感想

更新日:

書籍「副業はサラリーマン」

 

今回は僕が読んだ本でおすすめの書物を紹介したいと思います。
石川臨太郎さんの「副業はサラリーマン」です。



副業はサラリーマン-年収3000万円、資産1億円超を実現した私の投資法
 

著者の石川さんは、経済的独立の重要性に気付き、株式投資と中古ワンルームマンションの不動産投資で資産を築かれた方であり、この本はセミリタイアを目指す人にぜひおすすめしたい本です。

 

楽しみを老後に先延ばししていたら楽しい老後はやって来ない


時間
 

多くのサラリーマンが嫌な仕事を我慢して続けているのは、定年になれば悠々自適な楽しい生活が待っているという希望があるからだと思います。

 

しかし、実際に定年を迎えても、それまで仕事一筋だった人が仕事以外のことを楽しむことは難かしく、家族に煙たがられたり、最悪の場合はやることがなさ過ぎてボケてしまうことも多いのではないでしょうか?

 

運よく健康な体で定年を迎えられればいいですが、定年退職まであと少しというところで病気になってしまうことだってあるかもしれません。

 

やりたいことを定年後に先延ばししていたら、それはもうやりたいことではなくなってしまうかもしれませんよ。

 

素晴らしい老後は、今を充実させて、今をワクワク楽しく生きていないとやってこないのではないでしょうか。別に先憂後楽なんていって、今を苦しむ必要はないんじゃないでしょうか。今を我慢して、本当に明るい老後が約束されているんですか?

 

老後になってやってみたけど、思っていたほど楽しくなかったということは多いみたいです。

 

例えばゴルフとか。

楽しいと思えることを実践し続けると次にやってみたいことが見つかり、そうしていくうちに年を取っていくというのが一番良いと思います。

 

世界一周旅行に行きたいと思っていたけど、孫がまだ小さいから大きくなってからにしようとか。

 

そもそも楽しいことをすぐに楽しまず先送りばかりしているようだと、定年後も結局先送りするだけの人生になってしまうと思います。

 

このようなことから、石川さんはリタイアを意識して資産形成に励まれました

 

資産形成のメインは株式投資


スピード感のある投資
 

石川さんは株式投資をメインの資産運用としています。

 

資産を早く増やすなら株式投資が一番

 

資産運用というと不動産投資などが思い浮かぶかもしれませんが、石川さんは株式投資が一番であると考えています。

 

というのも、株式投資は損してしまう可能性が高いものの、うまく運用できれば早く資産を形式できる可能性があるからです。

 

このスピード感は株式投資でなければ得られないメリットだと考えられているようです。

 

重要なのは、どの技法が優れているかではないのです。自分に一番あった手法を磨き、投資していくことが大切なのです。

 

株式投資といっても長期投資やデイトレードなど、方法も様々だし、そもそも株式投資が必ずしもよいということではありません。

 

あくまでも自分にあった投資対象を選択すべきだとも言っています。

 

では著者はどのような方法で株式投資を実践しているのかというと、その方法はとても堅実なファンダメンタルに基づく方法です。

 

グレアムの求めるような株を探していると、大変地味な銘柄になります。市場の注目を浴びないような地味な株だからこそ割安に放置されているともいえます。もうそれ以上は下がりそうもない株を買って安心して保有しようという作戦です。それでも需給により株価は下がってしまうことがあります。

しかしか極端な話、その企業か倒産しても良いわけです。なぜなら、一株1000円の価値がある資産を500円以下で買おうと目指しているからです。

倒産して解散することになった場合、単純計算でその企業の資産は株価の倍で売ることができます。その割安度を「安全域」と呼びます。この考え方こそがグレアムの本質であり、後に輩出されるバリュー株投資家の根底にあります。

 

市場から見放されて「解散価値>時価総額」となっているような割安の株に投資する方法を貫かれており、決して難しい方法ではありません。

 

株式投資の中でも堅実で確実性の高いバリュー投資を実践しているわけですが、株式はたとえどんなに優れた株だとしても市場や世の中の景気に打ち勝つことは難しいですよね。

 

暴落してしまうときはどうしても避けられないわけです。

 

そこで、石川さんは落ち着いて株式投資を続けていくために不動産投資を実践されています。

 

中古ワンルームマンション投資について

 

石川さんは株式投資と同時に中古ワンルームマンションへの投資を行っています。

 

総部屋数は10部屋あり、これによって毎月30万円の安定キャッシュフローが得られているとのことです。

 

株式投資で数百万円を稼ぐことも珍しくない石川さんですが、本の中で石川さんはこのように書かれています。

 

不動産があるから、株式投資でリスクがとれる


リスクに対処する人
 

株式投資からの収益は魅力的ではありますが、非常に不安定であり、最悪の場合マイナスになってしまう場合もあるわけですが、そういう場合でも冷静に判断する必要があります。

 

その時に心の支えになっているのが不動産からの安定した収入であるとのこと。

 

心が弱いと自分が考えた通りに運用できないのですね。

 

特にセミリタイアを目指している場合だと、サラリーマンとしての収入がなくなることを想定しなければならず、株式投資のような損失になる可能性もある方法だと気が気でないということにもなりかねません。

 

ただ石川さんはあくまでも資産形成のメインは株式投資であるというスタンスです。

 

そのため不動産投資のために時間をかけたくないし、できれば自動的に収入になるようなものが望ましいと考えいるようです。

 

実際に投資されているものは東京23区の中古ワンルームマンションであり、駅に近く確実に入居者が確保できるような物件を好んで運用されています。

 

経済的に独立すると自由になれる

 

自分の一生をかけてやりたいと思える仕事が見つかったときに経済的独立ができていないると、安心して新しい仕事を選択できると考えてます。

 

ほとんどの人はお金のたるにサラリーマンを続けていると思いますが、いつ自分のやりたい仕事が見つかるかわかりません。

 

若ければ今の仕事を辞めるという選択も取れるかもしれませんが、家族がいたり家のローンがあったりすると、仕事を辞めるという選択は難しくなってくると思います。

 

そういうときにもしも経済的自由を果たしていて毎月安定したキャッシュフローが得られる状態になっていれば、年齢とかを気にすることなく決断できるのではないでしょうか?

 

これは僕の考えなのですが、経済的自由を果たすことは究極のアンチエイジングにつながるように気がします。
年齢を理由にしない人生を歩めるからです。

taka

 

石川さんは株式投資による攻めの投資で資産を築かれましたが、積極的なリスクを取っていく裏には、不動産投資からの収入という安定した経済的基盤があったからこそです。

 

様々な投資方法や商品があふれていますが、それぞれメリット、デメリットがあります。

 

それぞれの特徴をよく理解しながら複数の投資先を補完的に運用することで、しっかりした経済的基盤を形成することがセミリタイアを実現するためには必要だと思います。

 

2005年に出版された本は今では絶版になってしまいましたが、今もアマゾンでは中古品として流通しており、非常に安く購入することが可能なのでぜひ一読してみてはどうでしょうか?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-書籍・ブログ
-

Copyright© そろそろセミリタイアを目指しませんか? , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.