雑記

お金を得るのに戦い、使うのにまた戦う。これで何か残るだろうか?

投稿日:

 

多くの人が通勤・通学の利便性などから都心に住みたがる傾向があります。

 

しかし、こういう考え方の人が多いせいか、東京周辺の人口密度は高く、それに比例して土地の値段も他の地域と比較して高いのが現状です。

 

決して安くはないないモノを買って、会社勤めをすることほど無駄なことはないのではないでしょうか?

 

誰もがお金を貯めたいと思っているが実際の行動はそれに反している

願うだけではなくて実際に行動していかないと、望んだ結果にはなりません。

 

しかし、多くの人はただ願ったり、口に出しているだけで、そのための行動ができないでいる人が多いように思います。

 

たとえば貯金です。

 

多くの人が貯金を作りたいと思っているはずなのですが、貯金ゼロ世帯は年々増加しています。

 

単身世帯に目を向けてみると金融資産を持っていない世帯は前年の38.9%から大幅に上がり、全体の47.6%。
つまり単身生活者の2人に1人が貯蓄なしで生活を送っているという事態。

 

もちろん、収入が少ないため生活だけでかつかつで貯金までする余裕がないという人もいると思います。

 

しかし、いくら収入がないとしいえども、貯金がゼロというのは自分のお金を管理できていないといわざるをえません。

 

小さいころからの苦労の末、今お金を得られている

お金を得るのはとても大変なことです。

 

サラリーマンとして働いている人であれば、毎日決まった時間に会社に行き、指示にしたがって働いたりと大変です。

 

副業をやってみれば1円を稼ぐことがどんなに大変かが分かることでしょう。

 

副業で成果を出せる人がいかにすごいかが分かると思います。

 

小さいころから他人と競争して、いい大学に入って、待遇の良い会社に入る・・・

 

若者の時は、上の世代が築きあげた人生のレールの上を歩むのはダサいと思い、反抗してしまうかもしれませんが、レールから降りるのはとても簡単なことなのです。

 

誰もが親から教わったであろうこの生き方を、レールから外れることなく歩む事の方がよほど難しいことなのであって、多くの人間はレールのどこかで脱落していくのです。

 

なので、もしもあなたが、今一流企業で働いているのなら、それだけで小さいころからの競争で勝ってきた結果なのではないかと思うのです。

 

今働いていると気付かないかもしれませんが、そもそもこんな風に会社に勤めてお給金を貰えるようになったのは、小さなころからの努力があったからに他なりません。

 

もしも、今の仕事は楽しいし、それほど大変のものではないとしても、今までの苦労を考えれば、相当大変な競争の末に今の地位を得たと考える方が自然です。

 

したがって、収入を得ることはとても大変なことだし、今の収入を得られているというのはとても感謝すべきことなのだと思います。

 

誰がお金をいっぱい使えるかで競い合っている泥沼に足を踏み込んではいけない

都会の片隅にある狭い土地

 

そうやってやっと手に入れたお金は本来であれば大切に使うべきでしょう。

 

しかし、実際にはわざわざ地価の高い都心に一戸建てを買ったりしているのです。

 

住むだけなのになぜわざわざ都心である必要があるでしようか?

 

なせ都心の土地が高いかというと、狭い土地を欲しがる人の数が多いため、需要>供給の関係値段が吊り上がってしまうわけです。

 

つまり、他人との競争で打ち勝って手に入れ今の職業やそこでの労働によって得た大切なお金を、今度は使う場面でも競争して使っているということなんです。

 

ものすごいたくさんのお金が稼げているのであれば好きにしとていいと思いますが、普通のサラリーマンで生涯年収もおおよそ予測がつきます。

 

そういう普通の人が狭い土地を奪い合うためにお札でお互いの顔をたたき合うような競争に明け暮れているのはとても滑稽なこととしか言いようがありません。

 

お金を貯められるかどうかは、どう使うかにかかっている

お金を貯められるどうかは収入に多い少ないにかかっていると考えがちですが、生活に必要な金額よりも多い部分については、収入はあまり重要ではなく、むしろいかに節約できるかにかかっていると思います。

 

それなのに、狭い土地を買うのに大きなお金を出してまで手に入れる必要がどこにあるでしょうか?

 

本当に、その買い物が妥当な金額なのかをよく考えましょう。

 

お金を得るのに戦って、使うのにまた戦う必要はないのです。

 

-雑記

Copyright© そろそろセミリタイアを目指しませんか? , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.