FX ズロチ円・ユーロ円サヤ取り投資(11/11~11/20)の運用実績(+1,630円)

運用報告ズロチとユーロ20181011
きままねこ
ズロチ円・ユーロ円サヤ取りの調子は?
taka
ここ11月11~20日までのズロチ×ユーロ投資成果は次のように結果になりました。
スワップポイント:6,310円
この10日間の損益は1,630円
評価損益:-17,346円

ポーランドズロチ/円とユーロ/円の
スワップサヤ取り投資、11月11~20日までの運用成果を報告します。

前回の経過報告は以下になります↓

ズロチ円・ユーロ円さや取り投資(11/2~11/10)の途中経過(+1,108円)

2018.11.13

前回報告時点との比較

11/10の時点では、
スワップポイントが4,680円
評価損益は5,360円
でした。

ズロチ 2018/11/20

11/20時点の状態

そして11/20の時点の状態は以下のようになります。
ズロチ 2018/11/20

累計スワップ金利が6,310円
評価損益は-17,346円
です。
※評価損益=累計スワップ金利+含み損益

評価損益が-17,346円と運用開始以来
最大になってしまいました。

現時点までの実績をグラフにしたものが以下になります。

日付 累計スワップ損益 増減 評価損益
2018/10/4 0 0 -2,676
2018/10/11 693 693 -9,513
2018/10/18 1,557 864 -1,105
2018/10/25 2,623 1,066 -9,727
2018/11/2 3,572 949 -13,644
2018/11/10 4,680 1,108 5,360
2018/11/20 6,310 1,630 -17,346
ズロチ 2018/11/20

短期で見れば「評価損益」の上げ下げでによる影響を受けますが、
スワップ金利が雪だるま式に加算されていくため、
長期的視点で考えれば「実損益」は黒字になります。

口座の状態

次に口座の状態ですね。
現状の維持率は230.03%で以前として安定をキープしています。

ズロチ 2018/11/20

スワップポイントの動向

スワップポイントに関しては、

ユーロ/円の2万通貨売りポジションから76円、
ポーランドズロチ/円8.6万通貨買いポジションから1032円
の合計1108円もらえました。

11/10(土)の時点で集計したのですが、スワップポイントは
11/12までの分がすでに入金されていました。

ユーロ/円の売りによるスワップポイント

ズロチ 2018/11/20

ポーランドズロチ/円の買いによるスワップ金利

ズロチ 2018/11/20
引用:FXプライムbyGMO

なぜユーロ/円の売り建てでスワップポイントが貰えるのか?

通常、〇〇/円の通貨の買いポジションはスワップポイントをもらえ、
売りポジションではスワップポイントを支払うのが普通です。
これは日本円が超低金利であることが要因です。

しかし、下の図(主要国・地域政策金利)から分かるように、
ユーロと日本円の政策金利を比較しますと、
低金利といわれる日本円の政策金利よりもユーロの方が低い
水準にあることが分かります。

ズロチ 2018/11/20 主要国・地域政策金利

ユーロに加えて、スイスフランも超低金利です。
このため、以下のように各FX会社の提示するスワップポイントでは、
ユーロ/円とスイスフラン/円以外の通貨ペアはすべて買いの場合の
スワップポイントは正の値となっています。

引用:外為オンラインの取引要綱詳細(2018/11/13)より(https://www.gaitameonline.com/dealings.jsp)

スワップポイントは通貨ペアを構成する2つの通貨の政策金利の差分から生じます。
ユーロ/円は超低金利といわれる日本以上の低金利政策を維持しているため、
このような珍しい現象が起きている数少ない通貨ペアなのです。

各通貨のチャート

以下にユーロ円とズロチ円の1時間足のチャートを示します。
ズロチ 2018/11/20 チャート

大まかには同じようなチャートになっていますが、ズロチ/円が円高になっている一方で、
ユーロ/円が円安になっています。

この違いが今回の含み損に影響しています。

この資産運用の始め方

FXプライムbyGMOから始めるのがおすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA