ズロチ円・ユーロ円さや取り投資(10/19~10/25)の途中経過(+1,066円)

運用報告ズロチとユーロ20181011

10/4から始めたポーランドズロチ/円とユーロ/円の
スワップサヤ取り投資、10月第3週目の報告をしたいと思います。

前回の経過報告は以下になります↓

ズロチ円・ユーロ円さや取り投資(10/12~10/18)の途中経過(+864円)

2018.10.18

前回報告時点との比較

10/18の時点では、
スワップ金利が1,557円
評価損益は-1,105円
でした。
ズロチ・ユーロ損益状態20181018

本日(10/25)の状態

これに対して、
現在の状態は以下のようになります。
zurochi-acount-20181025

累計スワップ金利が2,623円
評価損益は-9,727円
です。
※評価損益=累計スワップ金利+含み損益

前回の時は評価損益が-1,105円だったので、
今回は含み損がかなり増大しています。

ここ数日、株式市場や為替相場などのボラティリティが大きくなっているため、
相関が高いズロチ円とユーロ円のペアといえどもバランスが崩れてしまうのは
仕方がないことだと思います。

もちろんこの程度の乖離は許容範囲内ですけど。

現時点までの実績をグラフにしたものが以下になります。

日付 累計スワップ損益 増減 評価損益
2018/10/4 0 0 -2,676
2018/10/11 693 693 -9,513
2018/10/18 1,557 864 -1,105
2018/10/25 2,623 1,066 -9,727
zurochi-graph-20181025

長期投資を前提とすることで収支をプラスへ

現状、評価損益が大きいため全然儲かっていないように見えるかもしれませんが、
評価損益は上がったり下がったりを一定のレンジの中で繰り返すのに対して、

スワップ金利は日々蓄積されていくので評価損益は気にならなくなるでしょう。

イメージ的にはこんな感じですね。
ズロチ、ユーロ投資の損益将来予想

短期で見れば「評価損益」の上げ下げでによる影響を受けますが、
スワップ金利が雪だるま式に加算されていくため、
長期的視点で考えれば「実損益」は黒字になるはず。

まだまだ時間がかかりそうですが・・・(-_-)zzz

口座の状態

次に口座の状態ですね。
現状の維持率は233.73%で安全圏です。

zurochi-acount-balance-20181025

以下の記事でも説明したように、
この投資を行う上では25万円あれば十分です。

ポーランドズロチ円とユーロ円で安定したスワップ金利サヤ取り投資

2018.10.04

スワップ金利の動向

スワップ金利に関しては、

ユーロ/円の2万通貨売りポジションから34円、
ポーランドズロチ/円8.6万通貨買いポジションから1,032円
の合計1,066円もらえました。

当初ユーロ/円の売りポジションは0円のスワップポイントを見込んでいたのですが、
この一か月多少の収入になってくれています。

もう安定したとみてもいいのかもしれません。

ユーロ/円の売りによるスワップポイント

スワップポイントユーロ円

ポーランドズロチ/円の買いによるスワップポイント

スワップポイント ズロチ円
引用:FXプライムbyGMO

各通貨のチャート

以下にユーロ円とズロチ円の8時間足のチャートを示しますが、
ここ数日間の暴落はすさまじいものがありますね。

zurochi-chart-20181025

スワップポイントを受け取るためにズロチ/円だけを買っていたとしたら、
先ほどの口座情報からもわかるように、
44226円+29369円=73,595円

なので、
実に73,595円の含み損が発生していたことになります。

こういう現実をみると、
いかにスワップさや取りという方法が優れているかが分かります。

zurochi-acount-20181025

この資産運用の始め方

FXプライムbyGMOから始めるのがおすすめです。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA