「死ぬくらいなら会社辞めれば?」ができない理由を読みました

自由への逃亡

衝撃的なタイトルと表紙なため、つい手にしてしまった
「死ぬくらいなら会社辞めれば?」ができない理由
という本について紹介したいと思います。


「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

こちらは精神科医の「ゆうきゆう」さんが書いた本ということで、
タイトルを見るだけでこの本が何を言わんとしているのかが
はっきりと伝わってきます。

僕もそうですが、
働いている人にとっては誰でも心あたりのある、
なぜ辞めたいと思っているのにやめられないのか?に対する
回答がこの本のなかに書かれています。

なんだか興味深い内容なので読んでみることにしました。
とくに印象的だった部分を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

人には個人差がある

人はそもそも個体差があり、ある人には簡単なことでも
またある人にとっては難しかったりします。
なので、体力のない人にとっては残業することはとても苦痛なことになります。

まったく同じ顔、性格、能力を持った
人間は二人としてこの世にはいないのはあたりまえですよね。

まったく同じ人間はいないのだから、
できることや体力にも差があるのはあたりまえなのです。

それなのに、学校や会社は全員が同じ基準で比較されてしまいます。

だから、ある人にとっては簡単なことでも
またある人にとっては難しかったりする。

同様に、ある人にとって過労死しなくても、
ある人にとっては過労死レベルだったりするわけです。

あの人ができるんだから自分にもできるはず!
という考え方はとても大切だと思いますが、
一線を超えてしまうと自分で自分を傷つけて
しまうことになるとのこと。

たがら、「できない」のは頑張っていないから!とは
かぎらないということ。

出来ないときに無理にがんばってもダメなことはある。
組織体制がダメとか、向き不向きもある、
発達障害とかが関係しているかもしれない。

まずは自分を認めるということが大切なのだと思います。

その先に夢や幸せが本当にあるのか?よく考えること

好きだから選んだ仕事。

しかし、だからといって長時間労働は当たり前、
健康を害することは当たり前、
ということではないと筆者がいいます。

確かに好きな仕事かもしれませんが、
もともと幸せになるためにこの仕事を選んだはず。

仕事はあくまでも手段であって、
本当の目的は幸せになることだと思います。

もっと大きな観点で、この先に自分の幸せがあるのか
をよく考える必要があるのではないのでしょうか?

そして、この先で行き詰ってしまう可能性があるのであれば、
この道でよいのかを見直す機会を設けるべきだと思います。

がんばらない勇気

最後に気になった項目をいくつか紹介しておきたいと思います。

配慮しない

他人に迷惑をかけてはならないけど、
自分を犠牲にしてまで配慮する必要はありません。

自分がやるよりもうまく出来る人がいるなら、
その人にやってもらったほうがいいに決まっているのです。

お願いするのは勇気の必要な行為ですが、
思いのほか快く受けてくれるかもしれませんよ。
(これは僕の経験上)

かかわらない

もしも自分にできないこと、
自分には対処できない人に出くわしたら、
なんとかしようと思わないこと。

「無理です!」
とっいって逃げるが勝です。

ドラマでも人気になりましたが、
まさに「逃げるは恥だが役に立つ!」なのだと思います。

命てんでんこ

これは、東日本大震災の時に知られるようになった言葉で、
もともとは東北地方で昔からよく知られたことわざです。

万一の場合、自分の命は自分で守る。

だから、他人の命のことにかまっている暇はないし、
自分も誰かに助けられようとはしない。

万一の場合は、一目散にできる限りの力と知力を使って逃げる
ということです。

本当にやばい!と思ったら、
みんながんばっているなどと思わず、
自分のことだけを考える。

そのくらい利己的でいいのだと思います。

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA