トランクルーム物件(5号物件)の清掃に行ってきました

本当は年末までに行きたかったのですが、
今日トランクルームの物件(5号物件)の
清掃作業&状況確認に行ってきました。

スポンサーリンク

お客様をお迎えする以上、
定期的な清掃はとても大切と考えています。

また、単に清掃だけではなくて、
壊れている箇所がないか?
などを確認するという意味も含めています。

施設の内部への入室

無人のため入室管理にセコムのシステムを使っていまして、
こちら↓のICカードをタッチすることで入室が可能となります。

secomのicカード

トランクルームを利用されているお客さんにはこのカードを配布して、
いつでも好きな時に使える体制を整えています。

まずはICカードをSECOMの
セキュリティシステムにかざしてロック解除。
20151114_141204

まずは床の清掃

まずは、床をクイックルワイパーにて掃き清掃。
続きまして、目立った汚れがあれば、水拭き。

目立った壁の汚れを清掃

続いて壁の汚れですね。
今回は傷のようなものを発見しました。

よくこすることでなんとか取れましたが、
傷が多少残ってしまいました。

現在空室の部屋の清掃

続きまして、管理会社から送られてくる
毎月の運営レポートを確認して、
レポート上の空室と実際の空室が一致していることを確認しました。

今後この物件をお客さんが内見にいらした際に、
少しでも印象が良くなるように、
空室の部屋は入念に清掃します。

20160910_123404

清掃中に起きてほしくないこと

トランクルームを利用するお客さんがトランクルームに荷物を取りに来たりする
頻度はそれほど高くはないはずです。

しかし、部屋の数が多ければ
清掃中にたまたまお客さんが来場される可能性は
それなりの確率となってきます。

所要時間は30分程度ではあるのですが、
その間にお客さんが訪問されないとも限りません。

僕のようにコンテナ管理の実務にまったくタッチしていない人間
にとっては、お客さんにどう接したらいいか分からないものです。

下手に挨拶しようものなら、
店員と間違われて質問されても困りますし・・・。

てなことを心配しながらの作業でしたが、
幸い来客はありませんでした。

最後のチェック項目

最後のチェック項目としまして、
・電球や蛍光灯の球が切れていないか?
・壊れたりしているものはないか?
・落書きなどのいたずらはないか?
を確認しました。

また、お客さんの荷物を自動車からトランクルームの各部屋
まで運搬するために、自由に使っていただける台車を設置
しているのですが、この台車が結構汚れていることが多いんですね~

なのでこちらも清掃しまして、
本日の清掃作業は完了しました。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA