中古戸建て不動産の勉強のため、塾に入会しました

今回は最近入会しました投資の塾
について書きたいと思います。

apart

スポンサーリンク

戸建ての投資を始めていきたい

その投資とは、「戸建て」投資になります。

戸建て?!
知っている人にとってはまりにも普通の投資対象だと思います。

アパートやマンションのような集合住宅ではなく、
1つの家に1つの家族が入居するいわゆる普通の住宅のことです。

この投資は別に新しくもなく、
昔からある方法なのです。

最近アパートが高騰していることに加えて、
特に地方では空室率がたかい時代になることは避けられません。

アパート経営は年々厳しくなっていく

今まで不動産投資といえば、アパートやマンションの区分とかが
普通だったと思うのですが、
最近のバブルによってこれらの価格は信じられない
くらいに上がってしまいました。

「楽街」という投資家向けの物件サイトで調べてみても、
例えば埼玉周辺のアパートの場合一けた台の物件が多数見つかります。

この数字はあくまでも表面利回りという、
純粋な売り上げを示したものに過ぎないので、

実際ここから経費が差し引かれれば
もっと少ない金額になってしまいます。

埼玉の場合がこんな状態なのですが、
都内とかになるとひどい場合はもっと小さい数字になっています。

正直、毎月赤字のレベル。

正直今の不動産投資は「ババ抜きゲーム」化しています。
しかも、不動産は買える人が限られていて、かつ
手続きやら法律とかがあるため気軽に手放すことはできません。

人脈や資本力のある人が有利に売買
できることは言うまでもありませんね。

したがって、個人でかつ初心者の人が
入れる状態ではありませんし、

仮にそんなことしたら「カモがネギをしょってきた」状態
になるでしょう。

ということで基本的に不動産投資は危険
なものであると僕は考えているのですが、

不動産にはすごく大きな、
他の投資にはないベネフィットがあるのも事実です。

それは、安定した、長期の収入が確保できるという点です。

これは不動産投資ならではの特性であり、
他の方法ではなかなか実現しえないことであります。

なので、自由人を目指していこうと考えれば、

収入の一部として不動産を持っているのは
とても心強いものになると思います。

戸建ての世界は「需要>供給」

ニュースとかで空室が増えているという
ニュースを見たことがある人は多いと思います。

しかし、アパートに比較すると戸建ての空室はまだ少ないですし、
ほとんどの戸建ては買い手がつかずに、
賃貸用として世の中に出てくることもありません。

空室になっている戸建ての住宅はありますが、
賃貸物件として貸し出せる状態のものは少ない。

そのため、文字どおり「空室」として存在するだけなので、
脅威とはならないと思います。

戸建であるばファミリーを中心に需要がありますし、
万一売却の必要が生じた場合でも、
投資家以外にも実需向けに売ればいいという出口もあります。

アパートの場合、書いては必ず投資家ですから。

 

ということで
戸建て投資の塾に入ってみました。

今年は最低1つは買いたいという
目標を掲げております。

今後はこの活動についての記事
も書いていこうと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA