ビットコインのおすすめ取引所と安全に保管する方法

ビットコインを安全に保管する方法について
書きたいと思います。

bitcoin-dresden-749683_6001

スポンサーリンク

僕は以下の理由からbitflyerという会社を使っています。

・次世代の暗号技術を使うなど、セキュリティ面がしっかりしている。
・日本でも一番取引金額が大きいので、より公平な価格で取引できる。

セキュリティでは「DigiCert 次世代暗号 」というシステムを導入

bitflyerのサイト上でも宣伝されているように、
DigiCert次世代暗号という次世代のセキュリティシステムが導入されています。

サイトとの通信はSSLなどの技術で暗号化されているのが一般的ですが、
bitflyerではDigiCertというのを導入しています。

ビットコイン自体もコールドウォレットで
保管しているとのことで安心できますね。

ただし、ビットコインを送金するときに
時間がかかるなどのデメリットがあるのかもしれません。

やったことないのでわかりませんが・・・

この他にもたくさんのセキュリティが施されています。
詳細はこちらを見てください。

bitflyerのモラルハザードリスクはどうか

でも最終的に気になるのは会社として信用できるのかということです。

どんなに最新のセキュリティ技術が導入されていたとしても、
会社組織として悪いことをする可能性もあるかもしれませんよね。

本当の脅威は外からやってくるのではなくて
内側に潜んでいるものです。

その点について調べてみました。
こればっかりは外から見ただけではわかりませんが、
bitflyerのに出資している株主を見ますと大手の企業がたくさん
ありますので、信用してもよいのではないかと思います。

・三菱UFJキャピタル
・SBIインベストメント
・リクルート
・電通デジタル・ホームルディングス
・三井住友海上キャピタル

数年前のマウントゴックス社のような事態だけは
勘弁してほしいものです。

以上はbitflyerについての内容ですが、
世の中には完全なものなどありません。

そこで、その他としまして、
自分でできる安全対策を考えました。

安全対策➀:複数の会社に分散して保管する

先ほど紹介した「DigiCert 次世代暗号」のシステムも
所詮は一企業が提供しているものにすぎませんし、
その安全性がどの程度なのか素人の僕はまったくわかりません・・・

正直なんだかすごいシステムが導入されているようだけど
それが本当に安全なものなのかは不明というのが正直なところです。

そこで、投資の世界でよく言われている言葉ですが、
「卵は一つのカゴに盛るな」が
生きてくると思います。

安全性を考えれば、
複数の会社の口座に少額ずつあづけるというのが
一番よいと思います。

bitflyer以外の会社ですと、
以下にような取引会社がありますね。
・coinbase
・Zaif

安全対策②:取引所のウォレットから別のウォレットに送金

取引所のウォレットに入っているままだと、
ブロックチェーンの記録には入っていません。

なので、取引所を経営している会社が倒産してしまうと
自分のビットコインを引き出せなくなる恐れがあります。

そこで一番いいのは、
取引所でビットコインを購入したら、
別のウォレットに送金するのがいいと思います。

例えば、自分のPC上にウォレットを作成して、
そこに送金するとかです。

こうすることで、
ブロックチェーンに記録されますので、
万一取引会社が倒産しても自分のビットコインが消えることはありません。

ビットコインを日本円などに変換したい場合は、
今度はPC上のウォレットから再度取引所のウォレットに送金することで、
変換が可能となります。

ただし、この方法は上級者向けの対策ですね。

自分のPCに送金する際に、
操作を誤ってしまいビットコインが消失して
しまうなんてこともあるかもしれませんので。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA