持ち株会制度は従業員に課せられた社員税!ほどほどくらいでちょうどいい!

上場している会社の従業員であれば、
一度は持ち株会という言葉を聞いたことがあると思います。
M&Aなどの敵対的回収への対策として、
持ち株会が強化されている会社も多いですね。

また、一定の株数を持っていることは課長や部長
への昇格条件になっている場合もあります。

僕が勤めている会社でも、
部長になるためには1000株を保有していることが条件となっておりまして、
もしも1000株購入しようとすると、
100万円以上の費用が必要となります。

ある日突然100万円の出費は難しいでしょうから、
コツコツと蓄えておきたいですよね。

持ち株会に入会していれば、知らないうちに株を購入することが
できるので、課長や部長へ昇進するころには条件を満たすだけの株数
を確保することが可能なわけです。

まぁ僕は課長や部長になりたいとはとても思いませんが・・・。

持ち株会ならではのメリット

また、持ち株会は普通に株を購入する場合と
比較して以下のような利点があります。

➀購入手数料が無料
通常、株を購入する場合、手数料が必要になります。
ネット証券を使えば200~300円程度の話ですが、
毎月この数百円を支払えば年間で数千円
になってしまいます。
なので、これが無料というのはとても大きいと思います。

銀行の手数料百円程度でもちりも積もればバカにならないように、
こういう制約ってとても大きな意味があると思います。

次の特徴としましては・・・

②購入費用の10%を会社が出してくれる

会社にとっては安定株主を確保することが目的ですが、
これを従業員に説明しても、誰も入会しないでしょう。

そこで、会社は従業員の資産形成のためと説明して
いることが多いと思います。

まぁ、複利厚生の一環という建前で、
一定金額を会社から支給するという特典を付けている場合が多いです。

僕が勤めている会社では10%なのですが、
これは会社によってさまざまです。

ドルコスト平均法の利点を享受できる

株は株式市場や景気の影響を受けやすく、
短期的にも長期的にも予測困難です。

資産形成という観点では、
できる限り安く購入したいわけで、
株価が下がったところで購入したいのですが、
いつ安くなるのか誰にも分りません。

そこで、採用される購入の仕方が
ドルコスト平均法というものになります。

ドルコスト均等法は、
毎月一定金額の株式を購入していくという方法で、
株価が高いときには少なめに、
株価が高くなるとたくさんの株の購入が可能です。

この方法で投資を続けていくと、
ちょうど高すぎもせず安すぎもしない、
ちょうど平均的な金額で購入することが可能となります。

持ち株のデメリット

まず自由に売却できないということです。
加えて、毎月の積立金を少なくすることも容易ではありません。
建前上は可能ということになっているのですが、
実際にこれをやるとあまり良く思われないのが現実です。

これは、先ほども書きましたように、
持ち株会という物自体が他社からの敵対的回収対策として
運営されているため、減額したり売却したりする行為は
それに反する行為となります。

つまり会社にとって不利益なわけです。
なので、会社としてはできる限りやってほしくないわけです。

僕の会社では売却や減額はタブーというムードがあります。
まぁ、会社によっては愛社精神と安定株主を確保
したいという思惑があるわけです。

また、購入費用が10%会社から支援してもらえるだけなので、
購入してから株価が10%以上さがってしまえばなんの意味もありません。

まあ、これが一番大きな問題なのですが、
会社の業績がいいときは給料も上がり株価も上がるのですが、
会社の業績が悪化した場合は、給料が減りかつ株価も下がってしまいますので、
ダブルで損失が発生することになります。

会社に将来性があればいいとは思いますが、
有望かどうかなんてわかりっこないのです。

なので、持ち株会は資産形成というよりも従業員としての
愛社精神を表現する一つの手段くらいにとらえる
くらいでちょうどよいと思います。

そして、その資金で
別の会社の株を買った方がよっほどもリスクヘッジになるでしょう。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA