一度上がった給料が下がらないのはよくないと思う

副業

僕が働いている会社では、
昇格というのはあっても、
降格という仕組みがありません。

これは、労働者側にとって良い部分と悪い部分があるように思います。

良い部分

昇格するということは給料が上がるということを意味します。

しかし、管理職になると残業代が出なくなるので、
昇格前と比較して年収が下がってしまうというケースも
直後では起こります。

でも、もしうまくいって次の昇格ができれば、もう安心。

紹介しなかった場合との差がどんどんついていくことになります。

また、たとえ次の昇格に失敗しても、
降格という仕組みがないので最低限以下の給与に下がってしまう心配はありません。

悪い部分

悪い部分もあります。
それは、自分に管理職は向いていないと分かっても課長という職位
から降りることができないということです。

普通、課長と呼ばれる人は管理職に相当しますので、
上は部長、下は課長と範囲の程度はあるものの、
人の上に立つことに変わりはありません。

昇格した後にやっぱり管理職に向かないから一般社員
に戻りたいと思っても、降格できないということは、
部下ゼロの課長さんという立場にしてもらうことはできますが、
管理職であることに変わりはないのです。

管理職は人の上に立つ者という先入観が一般的にありますので、
管理職なのに部下がいないのはかなり居心地が悪いと思うのです。

更に管理職ということで仕事のしっかりできるということが前提となりますので、
仕事の内容はとても難しいことが要求されることになります。

会社という場所では、上に行けば行ったで大変なことはあると思うのですが、
年齢は上なのに職位が低いというのも生きづらい場所なのだと思います。

課長に推薦された時にはっきりと自分の意思を
伝えるためには、課長でない時に自分は課長に向いているか?
人の上に立って仕事をこなすことが可能なのかということを
よく考えておかなければならないと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA