退職後の自由時間が楽しみなのは幻かもしれません

サラリーマンとして働いていると、時間が拘束されます。

朝から夕方にかけての時間帯は、
人間にとって一番活動的な時間であり、
この時間を会社に捧げてしまうのはとてももったいないことのように思います。

自由な時間があれば、
行きたいところにも行けるというメリットはあります。

しかし、会社員として働いているから、自由がないと
決めつけてしまうのは少し軽率のような気がします。

時間を有効活用することは難しい

退職して自由な時間を手に入れたとしても、やっと手に入った時間を有効に
活用するのは難しいように思うのです。

サラリーマンとして働いている時は、
自由な時間はないかもしれませんが、安定した収入が得られていました。

しかし、サラリーマンを辞めてしまうと、
自由な時間が増えるのですが、
安定した収入がなくなってしまいます。

僕たちが会社員でなくなれば
会社に束縛された時間であれこれできるのにと考えるのは、
安定した収入があることが前提になっているのではないでしょうか?

自由は安定に支えられている

実際には、自由は手に入るけど、
安定収入はなくなってしまうのですから、
その時にも同じようにあれこれできると考えられるでしょうか?

「これをしたらいくらかかって貯金がなくなってしまう。」

というように今度はお金のことが心配になって
せっかく自由な時間が手に入ってもそれを楽しむことができ
なくなってしまうのではないでしょうか?

サラリーマンを辞めてしまうことはいいところもあるけど、
大変な部分もあるということを常に意識しておく必要があります。

もちろん、
お金がなくてもできる趣味や新しくビジネスを始めるため
であれば話は別です。

時間があってもお金がない状態にならない方法

では、そうならないためには、どうとしたらよいのか・・・?

貯金をしっかりして何年間か無収入でも生活できるくらいの蓄えを
用意しておくということが大事だと思います。

しかし、貯金だけでは取り崩されていく恐怖があるので、
やはり自分なりのビジネスをもってしっかりと
収入源を確保していく必要があるのだと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA