無くなったら困るくらいのお金を投資することで得られるもの

投資で得られる精神的・心理的なメリット

 

投資の鉄則でよく言われている言葉には、

  • 投資はなくなっても困らない余裕資金ではじめること!
  • 相場が気になったり仕事が手につかなくなったりするほどの金額はダメ!

などあります。
一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

最もだと思います。

投資が気になってしまって、
仕事が手につかなくなってしまっては本末転倒ですし・・・

仮想通貨への投資で資産が増えた人は多い

仮想通貨に投資している人は
ビットコインなどの仮想通貨がものすごい値上がりしたため、

投資を始めた当初は大した金額ではなかったとしても、
値上がりのおかげで資産額が大きくなってしまって、
気になってしまうほどの資産のレベル
になってしまった人も多いのではないでょうか?

事実「リップル」という通貨は2017年だけで数百倍になっているわけですから、
年の初めに10万円投資していた人は数千万円とかになっているわけです・・・

こうなってくると、投資を始めた当初は数千円程度の変動で済んでいたのに、
毎日の資産額が数十万円単位で動くことも珍しくない状態になってしまうと思います。

先ほどお話した考え方で行けば、
こういう状態になってしまったら利確をしていって、
ポジション量を最適な状態に調整していくのが一番いいということになると思います。

しかし、こういう状況になったのはある意味チャンスなのではないかと思うのです。

投資家という生きていこうと思ったら、精神的な忍耐力を鍛える必要がある

つまり、気にならないレベルで投資していては投資家としての能力が磨かれない・・・
ということです。

ある程度リスキーなことをしてはじめて投資家としての
素養が磨かれるのではないかと・・・

投資で成功するために必要なのは精神力なのかもしれない

トレードで儲けている人がどんな方法で儲けているかを
まとめた雑誌とかを見ると、
ある1つのきまった方法があるわけではなくて、
人それぞれいろいろな方法で稼いでいることがわかります。

なかには
まったく正反対の方法とかもあります。

例えば、「順張り」と「逆張り」です。

順張りは株価が上がり始めたら投資を開始する方法で、
逆張りが株価が下がったところで投資を開始する方法ですよね。

この方法は戦略としてはまったく逆なので2人の投資家がいたら
一方が儲かって一方が損するということになりそうなのですが、
実際には順張りの戦略で儲けている投資家がいる一方で、
逆張りで成功している投資家もいるわけです。

こういうのを見ると、
投資家が投資家として成功するためには、
もちろん戦略とかも重要な要素ではあるのですが、
もっと別のところに成功と失敗の原因があるような気がしてしまいます。

たぶんそれは、心の強さなのではないでしょうか?

自分の考えと違う方向に相場が動いてしまったら潔く負けを認めて損切りする。
ある条件に達するまでは誘惑に惑わされない。
など。

架空のお金でデモトレードをやると勝てるのに、
自分のお金を実際に投資してみた途端にうまくいかなくなるという場合があるのは、
実はこういう理由なのだと思います。

そういう投資家としての「タフさ」を身に着けるためには、
自分のお金を実際に投資してみることは当然で、
更にちょっと心配になってしまうくらいの金額でなければそのタフさが
いつになっても身につかないのではないかと思うのです。

精神的タフさを身に着けるために・・・

例えば1万円くらいならどうなってもいいお金と割り切れる、
しかし10万円になってくると心配になる。

最初のうちは10万円を投資して心配だから毎日資産の画面を見ていた人が、
少しづづ相場の変動にも慣れてきて、10万円くらいの投資であれば
気にならなくなる。

そうしたら次は20万円の投資ができるようになってきます。

でも、気にならないお金である1万円しか投資しなければ、
次に投資するときも1万円までしか投資できない。

つまり、投資家を目指すためには気にならないレベルのお金しか投資できない状態から脱却して、
気になってしまうくらいのお金を積極的に投資していかなければならないのだと思います。

もちろん、最初から大金を投資する必要はなくて、
精神的な許容量を少しづつ増やしていければいいと思います。

たかが1万円の投資が2万円になったところで何が変わる?

どうなっても構わないお金とはどういうお金でしょうか?

誰にとってもお金はお金。
なくなっていいはずがありません。

どうなってもいいお金なんて、出せても1万、
2万円程度なのではないでしょうか?

投資の世界で利回り100%を達成することができたら、
大成功です。

しかし、もしもこの大成功の投資に対して1万円の投資しか
していなかったら、2万円にしかならないのです。

それで一体何が変わるのか?

ちょっとおいしいものを食べて、
いつもの2倍の贅沢をやったらそれでおしまいですよね。

少し心に不安を感じるくらいの金額にしなければならない

相場の世界で稼いでいこうとするならば、
やはり投資家としての精神的タフさは必要なのではないでしょうか?

自分のセーフティーゾーンよりも少しリスキーなものに挑戦して、
それになれたら投資の金額を増やす。

そんな風にしていかなければ、
ずっとまとまった投資なんてできるようにならないですよ。

まとまった投資ができなければ、
投資で成功なんとできませんよね。

仮想通貨の激しい値動きは、
こういった投資家として必要な精神力を鍛えるのにちょうどよい
機会を提供してくれているのかもしれない。

まとめ

この記事のまとめを書きたいと思います。
・仮想通貨で資産が増えて、毎日の値動きに翻弄されている人は多い
・しかし、これは投資家としての精神的タフさを鍛えるチャンス
・仮想通貨でなくても投資家として成功しようと思うなら、タフさを鍛えていく必要がある
・仮想通貨への投資は価値の上げ下げにに翻弄されない精神力を作るのに最適かもしれない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です