副業はサラリーマンの仕事では味わえない、小さな幸福をたくさんもたらしてくれる

僕のようにサラリーマンとして、
内勤している人間は、間接的には社会の役には立っているかもしれないが、
それを実感する機会はほとんどりません。

s_TAI85_jumpbiz20140823105007-thumb-1000xauto-17582[1][1]

スポンサーリンク

内勤のサラリーマンは自分が社会に役立っている実感があまりない

どんな仕事をしているかによって違っているので一概には言えませんが、
僕のような、メーカーのエンジニアのような働き方だと、
自分がかかわった製品が世の中に出ていくまでにはたくさんのステップ
があります。

また、一つの製品は自分だけで作っているわけではなく、
たくさんの人の関わりの中で完成されていくものですから、
一つの製品に対する自分の貢献度は、
必然的に小さなものになっていきます。

つまり、会社員というものは自分が社会の役に立っていると
実感する機会がほとんどないようにものではないでしょうか。

副業は単にお金を稼ぐためのものではなく、社会貢献をするもの

一方、副業としてサービスやものを
誰かに提供している場合はどうでしょうか?

会社という大きな仕組みだからこそできるような
サービスやものの提供は当然できるはずもないため、
とても小さなレベルの、

ほとんどの部分を自分が関わったものを提供する
ことになると思います。

このように、小さなレベルかもしれませんが、
副業はダイレクトに社会にかかわることのでき、
かつそれを実感できるものだと思います。

単にお金を稼ぐという目的だけではなくて、
自分で直接社会との接点を持つという意味でも、
副業はサラリーマンにたくさんのチャンスを与えてくれます。

社会に貢献している充実感を得られることは、僕たちに充実感を与えてくれる

このように社会へ貢献している認識することは、
僕たちに充実感をもたらしてくれる効果があると思います。

サラリーマンで同様の充実感を得ることはめったにありません。
自分のかかわったものが世の中に送り出されるまでに年単位という
こともあるのではないでしょうか。

確かにそのような大きな仕事が達成されたことによる充実感は大きいとは思いますが、
逆にいえばほとんど充実感を感じられる機会がないとうことにもなりますよね。

僕はそういう大きな充実感よりも、
小さくてもいいからたくさんそういうものが味わえた方
が幸せなのではないかと思うのです。

そういう小さな充実感を得るという意味でも、
副業というのは会社では得られない
楽しみをもたらしてくれると思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です