確定拠出年金の配分割合を変更!よりリスクを取った運用方針へ!

確定拠出年金という制度はとても有利な制度らしいのですが、
これを実際活用している人はほとんどいないのではと思います。

知らない人のために簡単にご紹介・・・

確定拠出年金は日本版401kともいわれ、私的年金の一種です。
対して年金とよばれているのは公的な年金。

現役世代の時に一定額ずつ積み立てるもので、
積み立てたお金は株式などで運用することができます。

その際の運用方針は、僕たち自身が管理する必要があり、
どのように運用するかで最終的な受け取り金額が変わるというものです。

僕の勤務先の会社は確定拠出年金の制度があり、
新入社員として入社したころからずっと会社が僕の口座に
お金を入れてくれていました。

僕の口座の場合、
選べる運用先は20個くらいしかないのですが、
どのように選択したらいいのかわからなかったので、
とりあえず以下の組み合わせで運用していた。

・積立定期 80%
・225インデックス 10%
・債券       10%

そして、
ちょうど2~3年前に配分方針を変更して、
以下のようにしていました。

・積立定期 80%
・債券   20%

運用期間は累計で8年くらいになります。

そして、今後の運用はリスキーなものの割合を増やしてみました

今回、少し株価も下がったし、
少しくらいはリスクのある資産を・・・
ということで以下のような配分に変更してみました。

1

10月の給料から分からこの配分になるようです。

しかし、とても気になるのは、他の人がどんな風に
設定しているのかということですね。

運用の仕方というか、商品の選択について
モデルケースみたいなのを提示してくれるといいのですが。

現在までの運用成果

こちらが、現在の僕の運用状況。
株式などのリスクのある資産にあまり投資してこなかったけど、
それでも4.6万円の運用益になっていました。
期間が長い成果、少しづつでも増えているのは嬉しいですね。

2

できればリートなどが組み込まれた商品
がラインナップされているといいなと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です