旅行が好きな人には登山をおすすめします!

登山が趣味である僕にとって、
冬はいける山が少ない非常に寂しい季節であります。

登山、ハイキング、トレッキング

厳密には、冬に登山も可能なのですが、
冬山装備というものが必須でして、
それがまた高額なのです。

加えて、冬山は当然のことながら寒いので、
遭難した場合のリスクも非常に高くなります。
雪崩が発生するかもしれません。

僕みたいに登山をはじめてまだ十分な知識がない人間
にとって、冬山の登山はまだ遠い存在なわけです。

山にいけないこの時期にこそ、
春や夏の登山に向けた体力づくりの時間
と考えればいいのでしょうけど・・・

これからを考えれば、登山を人生の趣味にしていきたいと思う

スノーボードも趣味ではあったのですが、
登山を本格的にやるようになってからは、
いまいち行く気がおきなくなってしまいました。

スノーボードは一瞬の判断の間違いによって、
ケガや事故が起こる可能性があります。

他人への衝突もないわけではありませんし、
自分がどんなに気を付けていても、
他の人が突っ込んでくるかもしれないのです。

また、常に斜面の様子を見ながら足元をコントロールしなければ
うまく滑ることもできません。

なので、体力とか筋力というよりはバランス感覚や反射神経
のすぐれている若者の方が有利であることは言うまでもありません。

一方、登山の場合はスノーボードほどの俊敏な能力は必要なくて、
ひたすら歩き続ける能力が必要にくらいなわけで、
若者はもちろん、高齢者の人でも十分に楽しめる
ものだと思います。

ただ、だからといって山登りの場合は安全ということはなく、
瞬間的な能力が不要な代わりに、
知識とか自制する能力がなければ遭難のリスクもあります。
人間が介入できない自然の中に自ら飛び込んでいくわけですから、
安全なわけはないのですね。

これからどんどん年齢を重ねていくことを考えれば、
若者に有利なスノーボードやスキーではなく、
登山の趣味を充実させていった方がいいのだと思います。

登山はスポーツというより“旅”だと思う

僕は登山はスポーツではないと思います。
どちらかというと「旅」のイメージ。

僕は昔からスポーツが大嫌いだったんです。
スポーツはどんなものであれ、
必ず点数を競いますよね。

それが嫌なのです。
なぜなら僕は運動神経が鈍いので、
絶対点数が低くなってしまうのです。
なので、必ず負ける・・・

でも、登山の場合は点数なんてものはありません。
だから、一人一人が助け合いながら楽しむことができます。
そういうところが好きなんだと思います。

そういえば、最近見た「エベレスト3D」という映画の中で、
面白いことを言っていました。
「山の中では人間同士が競う必要はない、
登山者一人一人が山と競うことになる。」
と。

ちょっと細かい表現は違うとは思いますが、
大体こんなかんじのことを言っていました。
まぁ、これはエベレストの登山なので、
一般の山の場合はまた違うかもしれませんが。

要は登山において人間どうしの争いとかは
どうってことはないということなのです。

僕は旅が好きです。
でも、一般の旅行ってできることに限りがあると思うのです。

電車や飛行機に乗って目的地に着いてからは、
食べて、見学して、体験して・・・
最後に温泉入って終了。

・・・というパターン化されている。

でも、「登山」という名の旅行だってあるのです。
この旅行は、パターン化された旅行とは異なり、
本当に自然の中に入っていくまるで冒険のような旅行です。

たぶん、どこの旅行代理店もまだ扱っていない種類
の旅行なのではないでしょうか?(笑)

以上で説明したように、
・人と競う必要がなく自分のペースで楽しむことができる
・まるで冒険のような、旅行ができる
ということが、
僕が登山が好きになった理由です。

最近使っている便利なアプリ

特に最近は冬山への登山ということで、
僕も友人と群馬県の赤城山という山へ行ったのですが、
夏山であればはっきりわかるような道でも、
雪に覆われているためどこが道なのかわかりません。

そこでおすすめなのが、ヤマップというアプリになります。

ヤマップとは山登りの歩いた軌跡を自動的に記録してくれるとても便利
なアプリで、登山途中の写真もGPS情報を踏まえて保存してくれるので、
どこで撮った写真かを記録してくれるとても便利なソフトです。

SNS機能もあり他の人に記録を公開したり、
他の人の記録も見れますし、
そこから友達ができたりする場合もあります。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です