会社を休みたいときは積極的に休むべきだと思う

僕の会社では年間21日の有給休暇が与えられるのですが、
いまだかつてすべてを消化したことはありません。

僕は結構休んでいる方だと思うのですが、
それでも50~75パーセントくらいの消化しかできません。

計画的に、事前に申請した上での休みももちろんあるのですが、
風邪やケガなどで当日になってから連絡する場合もあります。

しかし僕の場合は当日に、
病気でもないけど突然休みたくなる
時があるのです。

社会人としてよろしくないことは重々わかっております。

これでも
昔に比べると頻度はだいぶ減ったのですが、
でも突発的に休みたくなるのです。

その、休みたくなる日は突然、訪れます・・・

この時間には家を出ないと会社に間に合わない、
というタイムリミットがあると思うのですが、

その時間になるまでは、
会社休む派の自分と、会社に行く派の自分が心の中で戦っています(笑)

エアコンも止めて、
戸締りも確認して、
もう完全にいつでも出発できる体制なのですが、
玄関の前に立って扉を開けることができない・・・

この日は行かない派が勝ち・・・
みたいな感じです。

車で会社に通っていたころは、
途中で引き返して帰ってきてしまったこともありました。

そんな馬鹿なことやってなくても堂々と休んでしまえばよい

その日に大切な仕事があるのならば、
もちろん行くべきだとは思いますが、
特に重要な用事もないのであれば、
当日になって休んでしまうのもありだと思います。

僕の場合、先ほどのような心の中の二つの派閥の
争いが始まるのですが、
よくよく考えてみれば、堂々と休んでもいいのではないかと思います。

というのも、
会社の中には僕のように当然に休む人がいるのですが、
そういう人が休んだ日って、
本当に何事もないんですよね。。。

その人の悪口を言うわけでもないし、
最悪の場合、朝礼の時にさえ、
いないことに気付かないなんてこともあります。

挙句の果てには、
今日はあいつ外出だったっけ?
みたいに片付くことさえあるのです。

こういうところをみると、
僕が家で行くべきか行かないべきかで出発前に悩んでいることなど、
本当に些細で無駄なことだと思うのです。

結局まじめすぎるのでしょうね。

実際なんでもないようなこと、
人の目を気にしてしまうというか・・・

次の日は、もう本当に会社に行きづらいのですが、
行ってしまえばもうなんてことはない。

無駄に心配しすぎて自滅していることが多いような気がする

僕が特別心配症なんかもしれないのですが、
なんか無駄に思い悩むことが多いような気がします。

しかし、今回の会社を休む話でもあったように、
実際自分が思っている以上に、
他の人は自分に関心などないのが現実なわけです。

なんだか寂しいような気もしますが、
これはいいことでもあると思います。

自分のやること、言うことに対して、
必要以上に気を使う必要などないのだと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です