個人が大きなものと対等であり続けるためには情報発信力が必要

個人とは弱いものだと思う。
一方で会社は、個人とは比べ物にならないほどの力を持っている。

今までの時代は会社は個人を守るのが当たり前だったと思います。
しかし、近年のブラック企業という言葉があるように、
この関係は崩れ去り、一部の会社は従業員の犠牲の上に自らの利益を
出すようになりました。

今後もブラック企業化は加速する

今後ますますこの状況は進み、
これからは安定した大企業もブラック企業化していくかもしれません。

ブラック企業という言葉が生まれてしまうと、
「まだうちはあそこほどブラックじゃないよ!」
というように本来であれば改善すべき状況にも関わらず、
まだ大丈夫だなんて考える経営者まで出てくるかもしれません。

こうなったら、力の弱い個人にとってひとたまりもありません。

情報発信力を身に着けることが大切

こんな時代だからこそ、
僕たちは情報発信力を身に着けていく必要があるのだと思います。

フェイスブックやツイッターなどのSNSを使用すれば、
誰でも簡単に個人のメディアを持つことができます。

最初のうちは、本当に小さな発信源にしかならないとは思いますが、
訪れる人が多くなれば、その発言は確実に誰かに届きます。

言葉は悪いかもしれませんが、
こういうものを持つことで会社に対する抑止力になるような気がするのです。

この情報発信力とはつまりブログなどのインターネット上
の資産を持つということなのではないでしょうか?

ツイッターやブログを始めることはとても簡単です。
・ブログを作るのに資本はいらない。ただし、時間は必要。
・ブログであれば多少の収入源にもなるので、一石二鳥。
というメリットもありますし。

情報発信力とは?

では、情報発信力とは何でしょうか?
それは、すでに述べましたが、とても簡単なことで、
インターネット時用にツイッターでもいいし、フェイスブックでもブログでもいいから、
情報発信の拠点を持つことだと思います。
そのためにはまずは始めるということが大切です。

そして、そのメディアを更新し続ける、継続力も必要です!

逆に、きれいな文章を作る力は二の次だと思います。
文章は書かなければ、経験しなければ書けるようにならないと思うので、
とりあえず、情報を発信していくことを継続することが大切なのだと思います。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です