2015 IPO投資のまとめ

今年のIPO投資の成績をまとめたいと思います。

以下のIPOに当選しました。
利益額は214,700円(税引き前)。

■ヘルスケア&メディカルリート23月
日興証券(主幹事)で当選。
公募価格 110,000円
初値 160,300円
利益 50,300円

■モバイルファクトリー(3912)3月
SBI証券(主幹事)で当選
公募価格 1410円
初値 2812円
利益 140,200円

■ビジョン(9416)
SBI証券で当選
公募価格 2000円
初値 2213円
利益 21,300円

■一蔵(6186)
野村証券(主幹事)
公募価格 1210円
初値 1239円
利益 2,900円
株式市場大暴落中という、
不利な状態での上場だったので、
利益が少なくなってしまいました。

所感

IPO投資という手間がほとんどない投資であるにもかかわらず、
今年も5月から10月までの間、コツコツと申し込みを
真面目にやっていませんでした。

この時期でちゃんと投資していれば
もっと稼げたのではと思います。

少ないデータですが結果から読み取れることは?

今年の当選データから何が読みとれるか?
少ない当選データで信憑性に欠けるとは思いますが、
当選の傾向からわかることは、
2014年の時と同様なのですがSBI証券で当たる確率が高いということだと思います。

加えて、
やっぱり主幹事証券の方が当たる確率が高いということ。

という2点ですね。

あと、ヘルスケア&メディカルリートについては、
僕がよく使っている情報サイトに掲載されていなかったので、
気付かずに直前であわてて申し込みしたのですが、
当選できました。

リート(REIT)については、情報を出すサイトと打差に居サイトがあるので注意
が必要です。このおかげかわかりませんが、申し込み人数が少なくなる傾向があり、
当選確率が非常に高いのがリートの特徴です。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA