収入が少ない人ではなく、優秀な人ほど副業をしている事実

副業と聞くとどういったイメージを持つでしょうか?
多くの場合は、本業からの収入が少ないから、
仕方なく副業をしているのかなぁ?

と思うかもしれません。
つまり、副業をやっている人は、
収入の少ないかわいそうな人という認識ですね。

しかし、現実には逆なのだと思います。

収入のない人はそもそも副業をやろうなどという考えは持たないの
ではないでしょうか?
あるいは、本業があまりにも忙しくてそういう余裕がないのかもしれません。

一方、将来的に副業を本業のレベルに発展させたいと考えている人は
それなりのビジョンをもって本業にも取り組んでいると思いますので、
それなりに高収入なのではないかと思います。

実際僕の周りを見渡してみると、
副業をやっているというと、
どれだけ仕事が好きなんだと思われる傾向にあります。

一般的な考えとして、
できることならば仕事がやりたくないと考えるのが普通なのではないでしょうか?

生活のためにしかたなく本業はやるかもしれませんが、
副業までに手を付けるでしょうか?

副業は、指示されたり、出来について文句を言う上司もいません。
完全に自分一人のモチベーションが原動力となります。

だから、自分をコントロールできる人、
自分なりの意思をもって取り組める人でなにければ実践は難しいのです。


にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA