自由人を目指すサラリーマンの記録

コンテナ投資・株投資でサラリーマン卒業を目指して邁進中!自由人を目指すサラリーマンの記録

2015年度の冬のボーナスは過去最高の七十万円でした!

   

早いもので、もう12月中旬。
12月といえば、会社員であればボーナス支給の時期ですね。

サラリーマンとして働くことに不満を言っている僕なわけですが、
ボーナスをもらえるというのはとてもありがたいことであり、
この時ばかりは会社に感謝してしまいます。

今回、僕は昇級などもありましたので、
ボーナスの金額が会社員人生の中で過去最高金額でした。
その額、手取りで七十万円くらいでした。

なぜこんなにもらえたかというと、
・今年は係長に昇格したため、基準賃金が上がった。
・会社の業績がよかった。
(会社の利益に応じてボーナスが決定される仕組みを導入しているので。)
・有給休暇をほとんど取らなかった。
ことが要因となっています。

金額の内訳

支給金額自体は90万円なのですが、
そこから以下のような名目で差し引かれております。

・雇用保険  5000円
・厚生年金特別保険料 9万円
・所得税 7万円
・健康保険 4万円
・組合関係など ~万円

税金関係で
20万円くらいのお金が引き出されています。

世間の平均は88万円らしい

NHKのニュース「大手企業の冬のボーナス 製造業は過去最高
によれば、従業員1人当たりの平均はおよそ88万円で去年より3%増えて、
過去最高金額だそうです。

ちなみに、自動車業界が98万円、食品業界が94万円、
鉄道業界が93万円とのこと。

ちなみに、こちらの情報は東証一部に上場し、従業員が500人以上の企業を
対象に調査した結果だそうです。(経団連調べ)

これはあくまでも大企業の話。
昨今はボーナスを支給しない企業もありますし、
就業形態によってはボーナス対象外ということもあると思います。
中小零細企業までを含めれば、もっと低くなるのは確実だと思います。

買いたい物はそれほど多くはない

僕にはもともと物欲があまりないこともありまして、
本当に贅沢な悩みだと思うのですが、
特に買うものがないのですよね~

よく、コンビニで売られている雑誌とか、
最新のデジタル機器を紹介したり、
「ボーナスで買いたいものベスト10」みたいな企画
をしていることがありますが、
こういうものを見たくなる気持ちが少しわかるような気がします。

自分では、買いたいものが浮かんでこないんですよね。
こういう雑誌の記事を見て、買うものを選択するしかないのですよね、
きっと。

まぁ、だったら無理に使わなくてもいいのですけど、
せっかく入ったし、少しは使いたいという心理があるのだと思います。

まあ、せっかくなので、僕の場合は
以下のものを買おうかと思います。

・実家への仕送り 10万円
・洋服類 5万円
・登山・スノボ関係 10万円
・テレビ 15万円

実は僕はテレビを持っていないのですが、
映画とかを大画面で見たいという願望がありまして、
今回はテレビを買っちゃおうかと思います。

その前にテレビ台の上を整理しないとならないですが・・・
残ったお金は貯金に回します。


にほんブログ村

スポンサーリンク

 - 仕事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

自分に合った稼ぎ方を8つのプロファイルの中から診断!

80年代に不動産王と称されたドナルド・トランプは、 90年代に入って不動産ブーム …

副業を持つサラリーマンという選択が一番合理的

一番最強なのは副業を持ちつつサラリーマンをやるという ライフスタイルだと思います …

好きでやっている人に、嫌いだけどやっている人が勝てるはずがない これは仕事でも言えること!

本日は、最近読んだ本、 「たった一度の人生は好きなことだけをやればいい(木原直哉 …

仕事は必ずしもお金を稼ぐことではないという言葉に救われる

ほとんどの人にとって、 仕事とは、お金を稼ぐための行為であると考えると思います。 …

副業
サラリーマン収入と副業の組み合わせは最強のコンビ

ハイリスクハイリターン、 あるいはローリスクローリターンという言葉がありますね。 …

収入を上げる方法=自分のビジネスを作るしかない!

会社から入る給料を増やすのは大変 まず、 多くの人が気付いてい寝るかとは思います …

お金持ちは行動した人と受け止めましょう

皆さんはお金持ちと聞いてどういう人を思い浮かべるでしょうか? 特別な能力や才能の …

会社を辞めた方がいいと思う理由 91個

僕の考える会社を辞めてもよいと思う理由を書いてみました。 自分のことを一番わかっ …

最近、僕の周りに転職ブームが到来しています!

最近、僕の周りで会社を辞める人がとても多いです。 そういうのを見た居ると、 つい …

副業
あくせく働くのは辞めた方がよい

複数の収入を持つということは、 万一会社を辞めた場合に安心ということだけではあり …