文章を読むことと同じように、文章を作ることも大事

本を読むことは今後ますます
大切になっていくのは確実だと思います。

しかし、僕は同時に文章を作ることも
大切になっていくのではないかと思うのです。

本を読むという行為は自分の中に知識を取り込むということ。
でも知識とは自分の中からアウトプットすることで
磨かれるものなのではないでしょうか。

キュレーションとは、
既存の情報を自分なりの解釈をして、
再加工して表現することですが、
このような行為によって、
自分の中で理解を深めるきっかけにもなるし、
他の人にも気づきを与えることができます。

ここで言う他の人とは、何も自分意外の人だけのことではありません。
同じ人でも年を取るにつれて考え方が変わるのが普通です。

今の自分が書いた文章を何十年先の自分が読むことになるかもしれない。
その時に、将来の自分に対して今の自分がどんなことを考えていたのかを
伝えることが可能なのです。

これはとても面白いことだと思います。

高校生くらいの時に自分が書いた日記を読んだら、
思っていた以上に良くかけていて、
こんなこと考えていたんだなあと思うことがあった。

自分でさえも過去の自分がどういう考えをもって
いたかなんて忘れてしまうものなのです。

だから、10年、20年という時を経て、
将来の自分が、数十年前に書いたブログ記事を見たら、
なんだか面白いと思う。まるでタイムカプセルですね。

文章を書くことは、このように他人に伝えるだけではなくて、
将来の自分に今の自分のことを伝える面白さもあると思う。

もちろん、専用の日記やローカルなPC上に書いてもいいのですが、
ブログに投稿するだけで他の人の目にも触れて、
新しい交流やチャンスを得られたり、
他の人に元気や新しい知識を与えられるかもしれないわけだから、
ぜひ秘密にせずにどんどん公開するべきだと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です