収入を上げる方法=自分のビジネスを作るしかない!

会社から入る給料を増やすのは大変

まず、
多くの人が気付いてい寝るかとは思いますが、
会社からもらう給料を上げることは非常に難しいことです。
というのも、給料の金額はおおむね年功序列的に、
何歳ぐらいだといくらというふうに
ルールとして決まっているからです。

この制度を変えることは非常に難しいことです。
ある日、突然、就業制度を変えてしまうと、
得をする人と損する人が必ず出てきてしまうからです。

また、給料を一旦上げてしまうと、
下げにくいというのもあります。

僕の会社がそうなのですが、
例え今期の利益が高かったとしても、従業員の給与には反映させず、
ボーナスを0.~ヶ月分上げるのみです。

給与は毎月のことなので、
一度上げてしまうと簡単には下げにくいという性質がありますが、
ボーナスであれば臨時収入的な意味合いがあるため、
経営者から見ればボーナスとして一時的に増やす方のが
これからずっと払い続けるよりもいいわけです。

最近は成果主義で決定されるというのもあるのでしょうが、
そもそも給料の査定は年に一度しか
行われませんので、次のチャンスまで一年は待たなければなりません。

営業職のような仕事であれば、「売上」という分かり易い指標があるから、
評価もある程度平等に行えますが、総務などの間接部門の場合、
成果を数値的に評価することは難しいのが現状です。

したがって、どうしても上司の好みなので
評価が決まってしまうこともあるわけです。
同じ成果のはずなのに、普段、上司と仲が良い部下の方
が評価が高くなってしまうということもありうるわけです。

このように、会社からもらう給料は自分だけでは
どうすることもできない要素に支配されている部分が多く、
いくらあげたくても簡単には上げることができないものです。

ではあきらめるしかないのか?

しかし・・・
・プライベートの時間を削って働き、平日は寝に帰るだけ。
・好きなテレビ番組を見ることさえままならない。
・休日さえも会社に捧げる。
・「組織と人の成長」という名のもとに奴隷として働く日々。
などなど理不尽なひとが多く、
あきらめきれないのも確かです。
ここで諦めてしまってはいよいよ思考停止になってしまいます。

どうやって収入を上げるか?

はい。
ではいよいよ本題ですね。

どうやって収入を上げるか?
その方法は、今の給料を上げるというものではありません。
別の収入源を確保しまししょうということです。

会社員として働いて、夜はパートというのもあり得るかもしれません。
しかし、突然残業が入ってしまい夜の仕事に出勤できないという
事態が起こるかもしれないし、
体力的にも相当ハードだと思います。
なので、現実的に考えると難しいでしょう。

では、株式投資ということを考える方もいらっしゃるかもしれませんが、
これもおすすめできません。
株式投資は運の部分が大きく、たとえ今月は儲かっても来月儲かる保障がありません。
トータルでみたら±0なのではとても安定した収入とは言えません。
収入という言葉を使うのもおこがましいくらいです。

ですから、収入を上げる方法としては、
自分でビジネスを立ち上げるしかありません。
ビジネスに成功したら、
その一部で株式投資をしてもよいでしょう。

少なくとも、順番としては、
まずビジネスを確立することが重要だと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です