副業を持つサラリーマンという選択が一番合理的

一番最強なのは副業を持ちつつサラリーマンをやるという
ライフスタイルだと思います。
このブログでも書いていますが、複数の収入源を
持つことは今の時代とても重要なことになりつつあります。

しかし、どのような収入源を持つかというのも重要な要素と言えます。

ネットショップなどで商品の販売を行う副業を始めたとしても、
競合する他のネットショップとの価格競争に巻き込まれたり、
流行の左右される可能性があり、ずっと稼げる保障はありません。

複数の副業を組み合わせることで、収入ゼロの事態になることは
避けることはできますが、やはり1つ1つは不確定な要素があり、
弱い部分もあります。

そこで、最強な組み合わせは、
「サラリーマン+副業」なのではと考えています。

副業は簡単に言えば、自分で事業を行っている状態なので、
経営者という立場です。
一方、サラリーマンは経営者に雇われた従業員という立場になります。

つまり、「サラリーマン+副業」という組み合わせは、
「従業員+経営者」のように言い換えることが可能だと思います。

経営者のいいところは、事業に成功した場合は青天井に稼げるという
ことですが、デメリットとしてまったく稼げない可能性もあるということです。

一方、サラリーマンのいいところは、たとえ事業自体が軌道に乗らなかったとしても、
言われたことをやっていれば、とりあえず時間単位で稼ぐことができるということであり、
デメリットは事業に成功してももらえるお金には限りがあるということです。

こう見てみますと、「サラリーマン+副業」という組み合わせは、
いいところと悪いところがちょうど相殺されて、一番安定的であり、
同時に積極的な方法といえるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA