方法があることは知っているのに、わざとやらないなんて絶対バカ

僕は以前より副業に興味があったので、
就職してからもいろいろなことにチャレンジしてきた。

s_DSC_0604[1]

ただ、僕の場合は飽きっぽいのに加えて、
好き嫌いが激しくできないことの方が多かったのです。

でも、できるできないということもやってみたからこそわかったこと。

いままでやったことの一部を紹介すると、
中古のパソコンを仕入れて掃除などのメンテナンス
を行い、ヤフオクなどで販売するという副業をやったことがある。

この副業は、仕入れ場所が中古パソコンを扱うお店であり、
主に秋葉原でした。また、販売はヤフオクで行うというものでした。

この副業が僕に会わなかった理由としては、

・仕入れ場所が秋葉原であること。
 遠いし、そもそも人ごみが嫌いなんです。

・既にライバルがたくさんいること。
 僕と同じことを考えて来店していると思われる人をみると、
 結局競争になってしまう現実に嫌気がさしました。

・稼ぐためには、より体を使わなければならない。
 いかにたくさん仕入れてさばくかが売り上げに直結するので疲れる。

・知識が必要
 どのパソコンが売れやすいか、どの程度なら直せるのかという
 ことがさっぱりわからなかった。

たぶん僕に限らず、多くの人にとっても大変な副業なのだと思う。
こんなことはやる前から誰でもわかりそうなものだが、
僕は2~3回ほど秋葉原に通ってようやく無理だと見切りをつけました。

さて、この他にもさまざまな副業があります。
僕の同僚の中には、今の暮らしについて批判的な人も多く、その多くがお金
が原因だったりするのです。

だが、健康のこととか、人間関係のことならしかたがないが、
お金のことならば働く以外にもさまざまな方法はあるし、
きっとこの゜同僚も副業に興味があるのかと思ったのですが、
実際には別の会社への転職を考えているのです。

副業があるだけでは会社に対する依存度が下がり、
かつ世の中の役に立っているという実感があって楽しいよと話すと、
僕が話すまでもなく、みんな知ってるんですよ。いろいろと。
アフィリエイト、不動産投資のことなど・・・。

ところが知っているだけなんですね。

はっきりいって僕の同僚はすごい人が多いんです。学歴とか・・・
三流大学を出た僕はおそろしくて聞けないほど。
だけどどんなすばらいと学歴であろうと結局なにもしていないんですよね~。

これはとてももったいないことだと思うのです。

いま考えてみると、三流大学を出ておいてよかったなぁ~
と思います。
なぜなら、過去にしばられないで生きていくことができるから。
といいつつも僕はだいぶ過去にしばられてしまう性格なのですが、
こんな僕が一流大学なんかを出ていたら、絶対にリスクを取れないと思うのです。

~大学を出たのだから~すべきとか、~くらいしなきゃ、
みたいなプライドを感じる必要がないわけです。

これは会社でも同じことがいえて、
いわゆる有名大企業なんぞに入っていたら簡単にはやめられないだろうなぁ~
と思うわけです。

僕はいままで、会社以外で稼ぐ方法を知らない人が多いから、
そういう人に少しでも教えてあげられたら・・・
という気持ちもあったのですが、
そもそも知っているのにやらないなんて僕から見たら
絶対おかしいと思うわけです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です