死ぬまでに貯金を使い果たすのは本当に理想なのか?

貰える年金が少なくなっていく今後の時代においては、
定年を迎えようとアーリーリタイヤしようと、
生活に必要なお金を年金のみで補うことは不可能なわけで、
必ず定年後も働いたり、貯金を取り崩したりする必要が出てくる。

つまり、定年後、働きでもしない限りは多くの人は貯金を
取り崩して生活することになるわけで、
そうなると自分の寿命の方が先に尽きてしまうと貯金がもったいないし、
予想以上に長生きしてしまって貯金が底をついてしまうなどという
という問題が生じることになる。

一番いいのは貯金が底をついたと同時に寿命を全うするということだが、
そんなうまいことはいかないのが普通でしょう。

そこで、死ぬまでに貯金を使い果たすのは本当に理想なのか?
について僕なりに考えてみました。

今は若いから、人生には様々な価値があるように感じられます。
その価値とは、不確定ではあるが確実に存在する未来を感じて
今を生きることができることに由来しているのだと思います。

しかし、年を取って、健康を失い、命の限りを察したときに、
僕にあるのはこれからのことというよりも、
それまでに蓄積してきたことの方なわけです。

いろいろあると思いますが、
たくさんの思い出とお金が主なのではないでしょうか?

その時にもしお金がなかったり、お金が減り続けていたりしたら、
自分の価値を裏付けることができなくなってしまうように思います。

お金は過去の蓄積の結果として生じる未来への希望なけで、
それがないとなければあるのはそれまでの思い出だけでしょう。

そのように考えれば、
貯金を取り崩して生きるなどというのは相当のストレスになるように感じられます。

というわけで、難しいとは思うけど、運用などを行いながら、
できるだけ元本を減らさないように、維持していくことを目標にするべきだと思います。

貯金を持ったまま死ぬなんてもったいないとか思う必要はないと思うわけです。

よくニュースとかでも、金残して死んじゃった老人の話とか聞くと、「そんなに金貯めたまま死んじゃって。この人、死ぬ前にもっと遣っておけばいいのに!」と思いますよね。でも絶対本人はそうじゃないんですよ。心安らかに死んでいるんです。死ぬ間際に、貯金通帳の残高見てホッとして死んでいくみたいな、心穏やかに幸せな気分で死んでいます。(お前はもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ50の法則)

この気持ちなんとなくわかるような気がします。

お金には、2つの力があって、1つは当たり前ですが、
「物を買うことがてだきる力」であり、
もう1つは「安心」だと思います。

僕たちは普段、「物を買うことがてだきる力」の方にしか注目しないと思いますが、
お金を持つことによる「安心」というのは、
予想以上に大きい価値があることのように思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です