凡人が何もやらなければ結局、凡人のまま終わる

あなたが今、いわゆる凡人であめならば、
それは偶然ではなくて、理由がある。

人は積み重ねによって生きているし、
昨日と異なることが突然受け入れられるわけではない。

未来への道は、今とまったく異なるものではなくて、
僕たちの足元から続いているのだ。

よって、今日が凡人ならば、明日も凡人である可能性は高い。

しかし、成功した人を見ると、
どっかでリスクをとっているのが普通である。
彼らが凡人から脱出できたのは、
他の人が嫌がることを進んで受け入れたからなのだ。

もうわかると思うが、
持たざる者の僕たちが成功するためには、惰性に流されることなく、
リスクの高いことをやらなければならない。

しかし、ここで、リスクが高いことをやって、破産してしまった意味はない。
リスクが高いと言っても、手当たり次第にやればよいというものではない。

不動産投資のために1億借金しろということではなく、
あくまでも確かな成功可能性のあることを行う必要がある。
大きなリスクを冒すことは勇気と考えてはいけないのだ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です