複数の収入源を持つ意味

サラリーマンの収入だけしかない場合、
会社が倒産したり、
リストラされるなどして、
給料が入らなくなると無収入なになります。

しかし、もし別に収入源があれば、たとえメインの
収入がなくなっても無一文になることはありません。

再就職できるまで
それまでに蓄えた貯金と合わせて、節約を心がければ、
生活に困る心配はないでしょう。

複数の収入源があった場合はどうなるでしょうか?

会社からの給料がなくなっても、
毎月の生活費をカバーできるくらいの収入があれば、
ハローワークに通いつけて再就職を目指さなくても
自分のやりたい仕事が仕事が見つかるまでのんびり
構えていることができるはずです。

場合によっては、もてあました時間をいいことに
海外旅行にでかけることだってできるでしょう。

これが自由人が自由な時間とお金を持っている理由なのです。

複数の収入があれば、
1つがだめになっても他でカバーすることができるのです。

そして、精神的に追い詰められたり、
不本意な仕事をあわてて探さなくても、
だめになった収入源を修理することができるのです。

いままではひとつの収入源で十分でした。

1つの収入源を持っていれば、
贅沢はできないかもしれないが、
未来に希望をもって普通の暮らしができたのです。

しかし、今日では、1つの収入源では
今の生活で精いっぱいです。

将来のことまで考えると、
2つでとんとんくらいなのです。

日本では、将来の年金がもらえるかが問題となっています。
このような先行きの見えない時代には、
複数の収入源を持つことはとても懸命な考えなのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です