目標はアーリーリタイヤ

このように、自由人はその名の通り、
時間に関してとても自由な暮らしができます。

では、どのようにして自由人になるのか・・・。
その方法を当サイトではご紹介していきます。

今まで、自由人は時間的な自由があるため
何をやってもよいと書いてまいりました。

その1つの選択肢としてサラリーマンがあるとも。

しかし、多くの人は生活していくのに十分な収入があれば仕事
を辞めたいと考えていることでしょう。

実際、仕事はお金だけではなく、社会とのつながりという意味
でもとてもすばらしいことだと思います。

しかし、従業員として仕事していくことは、
たくさんの時間を拘束されることを意味します。

子供が生まれたりすると、夫婦が協力して面倒をみるべきだと思います。
一生に一度しかない大切な時間だからです。

本当に大切なものは何かを考えたときに、
やはり自由な時間なのではないでしょうか。

理想的には、
子供が生まれるまでは夫婦でサラリーマンなどをやりながら、
自由人になる基礎を構築する。

そして、子供が生まれると同時にサラリーマンを辞めて、
家族の時間をはぐくんでいく・・・。

そんなふうにできたらとても理想的なのではないでしょうか?

それともう一つ、仕事している時は忙しい毎日だったと思いますが、
サラリーマンを辞めると毎日が自由、つまり日曜日になる。

そうなると、時間が余りすぎてしまい、毎日なにもせずにだらだら
して日々にもなりかねません。

自由人の中にも、やり余る時間に耐えかねて、やる必要はないけど
とりあえずアルバイトについている人も多いと聞きます。

是非、サラリーマンを辞めるまでに、有り余る時間をなにに使うか、
遊びの計画も考えておくべだと思います。

なお、稼ぐこと以外で、時間の使い方に関しても当サイト
で紹介しているので確認していただければと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です